Windows 7を搭載するタブレットに魅力はあるの?

Windows 7を搭載するタブレットに魅力はあるの? 1

マイクロソフトが目を覚ますのはいつ?

今年のCES 2011ではAndroidのタブレット発表が目白押しでしたけど、もちろんマイクロソフトだって負けちゃいられない...と気合いは十分でしたよ。で、実際に会場でもWindows 7を搭載した新タブレットなんかが各社から展示されたりもしていましたが、イマイチその魅力を全面に打ち出すには至っていなかったような...

そもそもモバイル専用のOSではなくって、基本的にはPC向けのWindows 7をOSに採用したタブレットということで、やっぱりタブレットにしては動作が重いんですよね。パワフルなチップが必要になりますし、バッテリーも大きくなりがちなので、なんとなくタブレットなのにポータブルなコンパクトさに欠けがちだったりもします。ついでに値段も10万円に迫るクラスの製品が多くなり、それでいてPCよりは対応するソフトウェアの種類はガタ落ちになる傾向がありますね。なんとなく過去にWindowsのタブレットが発表されてはひっそりと消えていった歴史が繰り返されそうな嫌な予感が~

やはりタブレットには特別に軽量設計された次期Windowsが絶対に必要になってくるでしょうか。あまりこの新Windowsの登場が遅くなってAndroidとiPadに遠く置いてけぼりにならなければいいんですがねぇ。

matt buchanan(米版/湯木進悟)