超巨大カメラで撮影された、世界初の雷のX線放射の瞬間画像

超巨大カメラで撮影された、世界初の雷のX線放射の瞬間画像 1

雷のX線放射が世界で初めて撮影されました!

雷から放射線が発生していることはここ数年で明らかになっていましたが、天才科学者によって、重量約680キロ、X線撮影専用の巨大カメラを開発、雷の時にワイヤー付きロケットを打ち上げ、人工的に稲妻を誘発して撮影されたのだそうです。

 雷が光速の6分の1の速さで地面に落ちていくその瞬間を撮影、その結果、X線の発生は稲妻の先端に集中、先端部に発生したX線の明るい膨らみを確認しました。

この実験によって、稲妻から発生する放射線についてより研究が進むでしょう。

稲妻から発生するX線の画像だなんて...、これだけでなんかカッコイイ!

[National Geographic]

Rosa Golijan(原文/mayumine)