スーパーボウルのアンチ「1984」CMで話題のXoomは...本当にiPadキラー?(動画)

スーパーボウルでモトローラが流したCM、もう観ました? 

アップルが1984年のスーパーボウルで流したリドリー・スコット監督CM「1984」の逆を狙ったCMとして今年一番の話題をさらいましたよね。

ビッグブラザーはタブレットで独占的シェアを誇るアップル、白い服の人々はアップルのファンボーイ。ひとりだけ浮いてる青年が手にするのは、モトローラが今度出すiPad対抗の主力製品「Xoom」、世界初のAndroid 3.0 「Honeycomb」採用タブレットです。その画面にチラッと出るのは、ジョージ・オーウェル著『1984』...?

オマージュというよりは、テクノロジー・ジャンキーに何かを強く訴えかける作品ですよね。Xoomは今年最高のAndroidタブレットというだけじゃなく、テクノロジーがなれること&できることの概念を高め、ディスカッションを昇華させ、毎日同じことの繰り返しという堂々巡りを打ち砕く製品なんだよ、と。25年前にアップルが槌を打ち込んだ独裁者自身にアップルを描いた、という感じですかね。

ところでこのXoom。米市場モデルなのですが、家電チェーン「BestBuy」の広告がリークしてその全容が明らかになりましたよ。

 Xoom基本スペック

・クレイジーなデュアルコアのチップ!

・Nvidiaグラフィックスカード!

・HDカムコーダー!

・1GB RAM!

・前面カメラ!

・3G対応! なぜか4Gにアップグレード可能!!

とまあ、いいことずくめ。ただし弱点もあります。

800ドル! 高...!

・Wi-Fiはデータ通信を最低1ヶ月契約しないと使えない!

Wi-Fiはエンガジェットも書いているように、ベライゾンと契約するまでロックダウンという意味でしょうかね。ハードウェアの基本機能を人質にとるなんて...

値段もこれ1本なのが痛いですね。iPadは確かに一番高い3G対応&64GBので830ドルしますけど、一番安いのは500ドルで買えますから。iPadはネットブック並み、Xoomはノート並みの値段、というぐらいの差があるかと。

今はスペック上だけど、あと数ヶ月でiPad 2出ますし、アップルは昔から新製品では値段据え置きでスペックを上げてくるので、モトローラもうかうかしてられませんよね。WiFiモデルは「そのうち出す」じゃなく「今」出さないと。

編集部ではiPadに真に対抗しうる製品の登場をもう1年近くも待ってるので、期待の余り厳しい言葉が出ちゃうんですよね。やっと来たと思ったら800ドルで、しかもデータプラン加入しないと繋げないなんて...これじゃあダイ・ハードなナードしか買いませんものね。モトローラが本気でiPad潰す気なら値段は下げないと。

木曜にはドバイ方面でシルバーのモデルが目撃されましたよ。また、WiFi対応モデルもFCC通過したみたい。う~ん、面白くなってきましたね、戦いぶりをとくと拝見といたしましょう。

[Android Central, Engadget]

Brian Barrett、Matt Buchanan(原文1原文2/satomi)