10代の少年が鏡5800枚を貼付けて作った殺人並の光線ソーラーパネル(動画あり)

10代の少年が鏡5800枚を貼付けて作った殺人並の光線ソーラーパネル(動画あり) 1

自由研究どころのスケールじゃありませんね。すごいな。

Eric Jacqmainくんは19歳の少年ですが、これまたすごいものを作ってしまいましたね。5800枚の鏡をサテライトアンテナにはりつけて、殺人光線をくりだすマシンを作ってしまいました。Ericくん曰く、この光線には太陽千個分もの威力があるそうです。

動画にあるとおり、持ち運び可能の殺人光線パネルはまさに脅威。光の集まる高温スポットに物体を持って行くと燃える燃える、すぐにメラメラ燃えます。あまりにすぐ火がつくので本当に怖くなってきます。なんでもこのマシンはすでに壊れてしまったそうで、現在は、鏡3万2000枚を使うさらに大きなものを制作中とのこと。大丈夫なのでしょうか...。

それにしても、こんなにたくさんの鏡を貼付けていったなんて、手を切りそうで怖いです。さらに、うっかりこれを直視しちゃって目が燃えそうで怖いです。さらにさらに、実験中に火事になりそうで怖いです。

...と、びびりなあたしは動画をみながらハラハラしっぱなしでした。それにしても恐ろしい。鏡をたくさん使って光を集めるだけでこんなにもすごい威力がでるのですねぇ。

[Eric Jacqmain via Daily Mail]

そうこ(Kat Hannaford 米版