オリンパスのブースではタフなデジカメのタフさを実演していました #CP2011

オリンパスのブースでは、タフなデジカメ「OLYMPUS Tough TG-310」の実演を行っていました。

コンパニオンさんが、TG-310を動画撮影した状態で、水が流れるトンネルを落下させます(途中引っかかっちゃうのはご愛嬌)。下まで落下しても、ちゃんと動画が撮れてます。

オリンパスのタフデジカメはいろいろ伝説があって、4か月間川底に沈んでいたデジカメを引き上げたら、撮影した画像がちゃんと見られたそうです。そのなかに、持ち主の車の写真があって、ナンバーからカメラの持ち主が判別し、ちゃんと返却されたっていうんだから、すごいですね。まあ、アメリカのお話ですけど。

タフなデジカメは1台持っておくとなにかと便利かもしれませんね。

CP+の記事一覧はこちら

OLYMPUS Tough TG-310

(三浦一紀)