次なるAndroidは「Ice Cream」のコードネーム? 早くも大進化で年内リリースが決定

次なるAndroidは「Ice Cream」のコードネーム? 早くも大進化で年内リリースが決定 1

Androidの勢いが止まりません...

ギズ大胆予想のリリース時期を次々と前倒しに塗り替えていっているAndroidのバージョンアップスケジュールですが、早くも次世代のバージョンについて、グーグルのエリック・シュミットCEOが明らかにしていますよ。年末には新搭載製品が目白押しとなるかもしれませんね!

間もなく搭載タブレットの発売もスタートする期待度大の「Android 3.0 Honeycomb」ですが、シュミットCEOによれば、これまで開発コードネームにアルファベット順でスイーツの愛称が付されてきた流れを踏襲し、「I」でスタートするスイーツ名が決定しているそうです。スマートフォン向けには「Android 2.3 Gingerbread」が出てきてますけど、仮に次世代バージョンのAndroidが「Ice Cream」だったとして、HoneycombとGingerbreadを融合した新ユーザーインターフェース(UI)で魅せてくれることになるだろうって語ってくれましたよ。

ちなみにリリースサイクルも、Honeycombの正式リリースから6か月後と明言されており、今年後半には完成が確実視されています。一度はタブレット向けとスマートフォン向けに分岐路線の戦略が取られたものの、その互いのよさを合わせ持つ両対応バージョンの次期Androidは一体どのようなサプライズで仕上がってくるのか、なんだかハードウェア方面での進化とも合わせて、もう待ち遠しくてたまりませんね~

Engadget

Brian Barrett(米版/湯木進悟)