SF界の巨匠アーサー・C・クラーク氏がこの世の終わりを語った31ワード

20110201aclearktheend.jpg

31ワードで世界は消えるのです。

SF界の巨匠アーサー・C・クラーク氏が書いた短編「siseneG」に世界の終わりが描かれています。タイトルのsiseneGはGenesis(起源・創造という意味)の単語の逆読みになってます。ネタ元には、1984年の3月に送られたアーサー・C・クラーク氏直筆の手紙も添えられています。 1984年の時点で、前10年くらいで書いた唯一の短編でした。


そして神は言った:ライン1からアレフまでを消去。ロード。実行。

そして世界は終了した。

そこで彼はしばらく熟考し、ため息をつき、追加した:消去。

そこにあった世界、その存在は消えた。



さすがSFの巨匠。神がまるでプログラミングしているかのよう。そう考えると、キー1つで我々は創造されそして消される。怖くなってきます。

[Letters of Note]

Image:Heritage Auctions

そうこ(Kyle VanHemert 米版