文明に必要な産業機材を自作できるようにするためのオープンソース的プロジェクト

太陽と土と水がある場所ならどこででも小さな文明を構築できるという、トラクターなど40の産業機材を自作する「Global Village Construction Set(地球村構築セット)」というプロジェクトがエンジニアを含むグループによって2年間進められています。

そのグループによれば、これらの機材を自作するのに、既製品を購入するよりも平均で8倍は安くなると言います。

我々が予想するよりもはるかに速く世界の資源が枯渇していく中、彼らの野心あふれるプロジェクトは応援したいところです。

 また、Wiki上に全ての概念図や設計図は公開されていて誰もが閲覧し活用することが可能。いつか文明が滅びてインターネットが無くなってしまった時のために、プリントアウトしておきましょう。

しかしながらリアルLEGOライフとも言えるこのプロジェクトはまだまだ先が見えていません。計画している40の機材のうちいまだ8つの試作機しかできていないのだそうです。

オープンソース的な発想で「機材を自作して地球を救う」というプロジェクトはなかなか素晴らしいですね。

[Open Farm Tech]

Kyle VanHemert(原文/mayumine)