春色もあるよ! ニコンの新作「COOLPIX S9100/6100/4100/3100」

春色もあるよ! ニコンの新作「COOLPIX S9100/6100/4100/3100」 1

こちら、ニコンデジカメのボトムレンジを担うCOOLPIX Sシリーズです。1つ1つカンタンに特徴を見ていきましょう。

COOLPIX S9100は3色展開。25~450mmの光学18倍ズーム、1210万画素裏面照射型CMOSセンサーを搭載し、ピント合わせはわずか0.16秒、シャッターボタンを押してから約0.25秒でシャッターが切れます。ふうむ。コイツのセンサーは...アレですね?

COOLPIX S6100は4色展開。28~196mmの光学7倍ズーム1600万画素CCDセンサーを搭載。マクロモードでは3cmの距離にピントが合います。

COOLPIX S4100は3色展開、COOLPIX S3100は5色もあります。何れも1400万画素CCD26~130mmの光学5倍ズーム。大きな違いはモニターで、S4100には3インチにタッチパネルが使われています。

ポイントは暗いシーンでの描写力、のようですね。S6100は夜撮りキレイテクノロジーが使われていますし、S9100は裏面照射型CMOSだし。はっ! ということは夜撮りキレイテクノロジー<裏面照射型CMOSという方程式が成り立っちゃうということ!?

「COOLPIX S9100」「COOLPIX S6100」「COOLPIX S4100」「COOLPIX S3100」を発売[ニコン]

(武者良太)