精度よしっ! 音声認識に特化したiPhoneアプリ「DRAGON Dictation」

Sponsored

精度よしっ! 音声認識に特化したiPhoneアプリ「DRAGON Dictation」 1

音声認識なめてました。

この「Dragon Dictation」というアプリ、iPhone内蔵のマイクに向かって話しかけるだけで、音声認識によってメールを送ったり、Facebooktwitterへつぶやくことが出来るんです! 日本語に対応したのは最近なんですが、実は海外ではけっこう普及していて、そこそこ知られているアプリだそうな。基本操作は、画面タップ→音声認識→修正→投稿。これだけです。

というわけで、早速外に出て、いろんなシチュエーションで「Dragon Dictation」を試してきました。まずは人、人、人だらけ。雑踏極める渋谷の街中で。

  

待ち合わせ場所に着いた時、「ハチ公前なう!」って喋れば、「Dragon Dictation」がしっかり認識してくれます。そして、あらかじめアカウント登録しておいたtwitterへそのまま投稿。待ち合わせ相手に、サクッと自分の位置を教えることが出来ますね。こんな感じでポスト完了。 

精度よしっ! 音声認識に特化したiPhoneアプリ「DRAGON Dictation」 2

ハチ公前、ご存知の方も多いと思いますが、恰好の待ち合わせスポットで周りもざわざわ。でも、ちゃんと認識してくれました。これなら街中で歩きながらつぶやきたいときにも、キーボードで入力するよりよっぽど早いかも。歩いているときにキーボードって触りにくいですしね。

他にも、ごはんを食べ終わった後のティータイム。手持ち無沙汰でついついつぶやきたくなっちゃいますよね。そんな時にも活用したい「Dragon Dictation」。

おいしいランチを食べ終わって、「渋谷でランチ。完食なう!

精度よしっ! 音声認識に特化したiPhoneアプリ「DRAGON Dictation」 3

Dragon Dictation」では、記号入力にも対応しているので、「。」は「まる」「!」は「びっくりまーく」と発音すれば、入力することができるんです。これで長文でも、自然な文章を入力できますね!

そして男性にも女性にも必見なこんなシチュエーション。飲み会の時にも使えますよ。

自分がiPhoneで、相手がガラケー。アドレス交換したいけど、iPhoneには赤外線通信機能はついてないし、相手はBumpできない...もどかしい...そんな時、この「Dragon Dictation」が大活躍です。このアプリさえ持っていればiPhoneユーザーのあなたは、意中の相手にアドレスや電話番号を音声で吹き込んでもらうことができますよ。

もちろん「@」は「あっとまーく」で変換可能です。この「Dragon Dictation」、ここぞという時に大活躍させて、話のネタにもしちゃってください。

さてさて、「Dragon Dictation」の機能を説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。音声認識、思っていたより非常に精度が高くて驚きです。騒がしい場所では、まれに誤認識もしちゃったりする時もありますが、精度はおおむね良好ですよー!

無料で使えるアプリですし、いざというときの為に、入れておいて損はないと思います。

兄弟アプリに、「Dragon Search」もあります。こちらのアプリは、GoogleWikipediaYoutubeなどから調べたい言葉を、キーボードで打ち込む事なく喋るだけで検索できます。ぜひ、併せて使ってみて下さい。

[Dragon Dictation, Dragon Search Apps from Nuance]

(佐脇風里)