FacebookにTwitter、メールでの出会いはセックスまでの最短距離と判明!

FacebookにTwitter、メールでの出会いはセックスまでの最短距離と判明! 1

別れるまでも早いとの指摘もあったりするそうですけど...

バレンタインも間近に迫ったこの時期、素敵な出会いへの期待度がググンとアップしちゃいますが、わりと硬派な読み物の「Shape」および「Men's Fitness」が実施した共同調査によれば、ネットやメールを駆使した出会いとセックスの関連性は非常に高いみたいですよ! 昔より格段に2人が結ばれるまでのスピードが上がってるんですって。

とりわけ女性には、FacebookやTwitter、さらにはメールや携帯電話のSMSで頻繁に意思を通わせた相手ほど親近感を抱きやすい傾向が認められ、調査対象となった女性の4割以上が、実際に過去の恋愛と比較して、オンラインコミュニケーションを取ってデートした相手とのほうが、セックスに持ち込むまでの時間は圧倒的に短かったと回答しているようです。

文字の飛び交うコミュニケーションが重ねられるほど、人は想像力を働かせて期待感が膨らむ傾向がある。また、たとえ出会った回数は少なくとも、常につながっていて本当はいつも会っているような錯覚に陥り、その親近感ゆえにセックスまでの時間が短くなる傾向が認められる。

今回の調査結果を受けて、こんなふうに著名な心理学博士もコメントを出していますよ。ただ、いまやセックスの最中でも携帯電話は手放せないとの意見も予想外に多く、主な離婚原因としてオンラインでの交流が挙げられているのも事実ですから、なんとも複雑なところですよね~

NY Post

Anna North(米版/湯木進悟)