空に舞う花粉を視覚化してくれるイベント「体験!Xi花粉ナビ」に行ってきました!

Sponsored

20110224xidocomo.JPG

花粉の季節ですねー。

僕は花粉とは無縁の生活を送っているんですが、この時期になると、マスクが欠かせないという人も多いですよね。

先日ドコモ主催で開かれた「体験!Xi花粉ナビ」イベントでは、普段目で見ることができない花粉をARで視覚化してストリートビューに表示させていました。

これは、ドコモの基地局に設置している花粉センサーから、花粉飛散量のデータを「Xi」(クロッシィ)の高速通信で受信し、子供が描いた花粉のイラストで、パソコン上にデータを表示させるというデモです。プロデュースは知る人ぞ知るアートディレクターの秋山具義さん。

ご存じの方も多いかもしれませんが、ドコモの「Xi」(クロッシィ)は、受信時最大37.5Mbpx(一部奥内エリアは受信時最大75Mbps)、上り最大12.5Mbpsの高速通信が可能なドコモのLTE(次世代通信)サービス。昨年末にサービスインしてから注目を集めてます。

  

20110224xidocomo2.JPG

このイベントでは特別に、会場に置かれた日本地図の上に乗ることで、パソコン上にARとして表示できるようになっていました。

20110224xidocomo3.JPG

こちらがそのAR画面ですが、花粉の量が一目瞭然! 憎たらしい人には憎たらしい花粉が可愛らしくなっています。通信は全てUSBに取り付けられている「Xi」でのみ行っていましたが、表示が滑らかでカクカクする遅延などは発生していませんでした。さすが高速通信です。

20110224xidocomo_ch1.JPG

子供たちは自分の描いたイラストが表示されると大騒ぎ! 花粉に興奮できる子供たちを見ると微笑ましくなりましたよ。このイベントで知ったんですが、北海道と沖縄には花粉が少ないんですね。花粉から逃れるには旅行が一番いいかもしれませんよ。

最後に秋山具義さんにお話を聞いてみると、「今後の活動は未定ですが、コンセプトは何個か用意してる」と言っていました。子供に対して無意識に高速ネットワーク通信を体験させつつARで上手く見せる仕組みは、デジタルネイティブ世代の成長にも、なにか繋がるかもしれませんね。

これからの動きも注目です。

スタジオXi

(大野恭希)