iPhone 5プロトタイプ3種のうち1種はスライド式キーボード!?

110214slideout_iPhone.jpg

ちっこいiPhone nanoの次は、キーボード付きiPhoneの噂...どんどん来ますね。

現在テスト中の次世代iPhoneのプロトタイプは3種あって、うち1種は見た目iPhone 4なんだけどケース引っ張り出すとキーボードになるそうな。噂の出元はApple.proです(MacRumorsとAppleInsiderは信頼できるAppleリーク情報元だと言ってますよ)。

スライドアウトのメカニズムは、あのiPhone 4に嵌めてブルートゥース接続で繋いで使える「Keyboard Buddy」みたいですね。

でも、Appleはここ数年タッチスクリーンONLYを随分強くプッシュしてきてますから、ギズはキーボード付きiPhoneの可能性はか~なり低いと見てますよ~はい。

残り2種は現行モデルと似てるそうですから、たぶん噂の3分の1サイズダウンしたiPhone nanoみたいなやつですかね? 以上の噂が本当だとすれば、見た目は現状維持したまま800万画素カメラとかバッテリーなどに改善を加えた新製品になりそうですねー。

それにしてもこの時期にプロトタイプが3種というのも引っかかるポイントですよね。Apple、まだどれ発売すべきか決めかねているのかもしれないけど...もう2月ですよ?

これが4月とか、もっと発売が近くなって最終デザインを徹底テストする時期だったら、3つあるプロトタイプのうち2つは、去年のiPhone 4みたいな事態にならないよう、ガチのiPhone情報から人を遠ざけておくため用意したサクラかな~と考えてしまうんだけどなあ...いや、もう実はそれが起こっているとか?

[Apple Pro via Apple Insider via Macrumors]

Jason Chen(原文/satomi)