世界最大ケータイメーカーのNokia、AndroidではなくWindows Phone 7の採用に踏み切った本当の理由は?

110215stephenelopnokiaceo.jpg

次々と明らかになってくる新事実。

当初のAndroid陣営への参加プランを断念してまで、衝撃的なマイクロソフトとの提携を正式に発表したNokiaですけど、この決断に至った真の理由の背景には、巨額のマイクロソフトマネーの存在が指摘されていますよ。やはり巨人マイクロソフトが注ぎ込む大金には、さすがのグーグルとてかなわなかったということなのでしょうか?

いやいや、実は大半の人々にとっては寝耳に水のNokiaのアナウンスだったかもしれませんけど、かなり水面下では長期に及ぶ激しい駆け引きが繰り広げられていたみたいですよ。スマートフォン市場の覇権をめぐる仁義なきバトル! その一面に迫ってみることにいたしましょう。

 そもそもの滑り出しの時点では、グーグルからのアプローチのほうが熱を帯びてたって話もありますよ。このところ順調に世界でAndroidのシェアを伸ばしてきたとはいえ、結局のところは各メーカーからまちまちの新モデルの発表が続いた台数を合わせたのとは訳が違う、やっぱり単一のメーカーとしてiPhoneをドドンと供給しているアップルのパワーには侮れないものがありますよね。ところが、もしも携帯電話市場で世界最大シェアを握るメーカーのNokiaとAndroidが手を組んじゃえば、非常に有利な展開に形勢逆転しちゃうのでは? その勢いに乗りまくって、一気にAndroid陣営がiPhone陣営に大差をつけて打倒するというシナリオすら描かれてもいたんでしょう...

しかしながら、ここでそれを黙って見ていることはできなかったのがマイクロソフトなんですよね。だって、あまり日本国内では「Windows Phone 7」搭載の新モデルが正式発売されていないので、ややトーンダウンしたイメージかもしれませんが、このWindows Phone 7に対するマイクロソフトの取り組み姿勢は、まさにモバイル復活の社運を賭けて全社一丸で開発してきたと言ってもよいものです。でも、そのせっかくのWindows Phone 7の魅力を、Androidの大躍進で広く世に普及させるチャンスすら奪われて、そのままみすみすゲームオーバーを迎えてしまうなんてことは絶対に許されませんよね。

オープンソースで無料の自由な開発環境を謳うAndroidのアプローチに対して、どうすればNokiaに納得してもらえるだろうか? そんなアイディアからか、必死でNokiaを陣営に取り込みたいマイクロソフトが取った戦略は、なんと驚きの莫大なる資金提供まで用意して懸命に売込みをかけていたことが明らかになってきてますよ!

実のところ、今回の提携でマイクロソフトからNokiaに流れ込む金銭的な価値は、決して数百万ドル単位では収まらない。数十億ドルというレベルでNokiaに利する契約内容となっている...

思わずNokiaのステファン・エロップCEOからは、こんな裏話がこぼれちゃいましたよ。おまけにこれまでNokiaがスマートフォン向けに独自展開していたアプリマーケットの「Ovi Store」でも、今後はWindows Phone 7対応アプリが続々と並び、徐々にSymbianからWindows Phone 7への移行体制の足固めが進むことまで判明しているようです。すでにNokiaがリリースするWindows Phone 7のラインナップ第一弾は着々と開発完了に近づいており、年内発売が決定的であるとも言われていますよ。

世はiPhone対Android対Windows Phone 7の3強争いへ~なんて上機嫌のビジョンを口にしたエロップCEOですが、いきなりiPhoneやAndroidとも互角に肩を並べるBlackBerry陣営からは、どういう根拠でBlackBerryの存在を度外視できるのかって冷ややかな視線まで向けられているんだとか。これはますますスマートフォン戦線が熱く熱く燃え上がってきましたかね~

Computerworld

Jack Loftus(米版/湯木進悟)