モグモグなんて古い! これからはスーハーするのがご飯です。

モグモグなんて古い! これからはスーハーするのがご飯です。 1

スゥ、スゥ、スゥ。ハァ、ハァ、ハァ。

美味しいです。ハァハァ。

ハーバード大学のとある研究室が吸って食べるご飯を研究しております。スーハーご飯です。噛まなくていいご飯です。もぐもぐしないご飯です。

ネタ元Daily MailのリポーターLaura Powellさんがスーハーご飯を体験してきたそうですよ。現在このスーハーご飯を作っているマシンLe Whafは2台だけ。発明したのはDavid Edwards教授。スーハーマシンLe Whafは、お値段は135ドル(約1万1千円)で今年の秋には発売予定だそうです。多種多様な食べ物を専用に液化したもの(別売り)をマシンにセットすると、マシンがそれを霧のように細かい粒子にしガラスのボウルの中にためます、そしてその霧みたいなのを吸うわけです。トップの写真でLauraさんが体験しているのは、レモンタルト。その体験は「吸ってみると、レモンタルトのフレッシュさが、次にはキャラメルの風味が口内に広がりました。」と一吸いごとに絡み合う味を体験できたようです。さらにはこのスーハーご飯はほぼノーカロリー。いくら食べても(吸っても)太る心配ご無用ですってよ! 

発明者のEdwards教授はこのマシンの夢を語ります。「想像してみてください。テーブルにつくのではなく歩いてまわるレストランを。部屋から部屋へと歩きまわって、その部屋のフレイバーを吸い込むのです。この部屋ではセロリのサラダを吸い込んで、次の部屋ではステーキを!」

楽しそうなアトラクションではありますね。体験してみたいですね。でも、やっぱり食べ物の食感も楽しみたいよう...。

[Daily Mail]

そうこ(Margaret Hartmann米版