チーズ好き悶絶必至! 広大な地下秘密チーズ倉庫へようこそ

チーズ好き悶絶必至! 広大な地下秘密チーズ倉庫へようこそ 1

チーズ臭がすごそうです。

Kraft社のチーズは広大な地下倉庫、しかもとある鉱山の中にあります。でも、なんでそんなところに?

チーズを保管するためには冷たい場所でないといけません。そこで、このように保管場所を地下にすることで、冷却保存のための電気代をぐっと抑えることができるそうです。

100フィート(約30mメートル)地下は14度というちょっと肌寒い温度が保たれているそうで、毎日1万3000ガロン(約4万9210リットル)もの塩水を流し、倉庫内の温度を約2度ほどに下げて14度を保っているのだそうです。確かに、真夏など30度以上の気温から14度に下げるよりもずっとエネルギーを節約できますね。

地下鉱山の中にある秘密倉庫と言うと映画のようですが、そこに眠るのはチーズです。それにしてもこの写真にあるドラム缶のようなコンテナに680ポンド(約308キログラム)のチーズが、3万7000平方メートルの倉庫にびっちりあるのですから、そりゃもうすごい量のチーズですよね。気持ちがとろけちゃう。

[Wired]

そうこ(Sam Biddle 米版