太陽系に新たな惑星発見か? 木星の4倍もの大きさを持つ星の存在が噂されています。

太陽系に新たな惑星発見か? 木星の4倍もの大きさを持つ星の存在が噂されています。 1

2人の天文学者によると、我々のいる太陽系に巨大な星が隠れているそうですよ。

まだ、誰もその姿を見た事はないのですが、木星の4倍程の大きさで、環も衛星もあるそうです。

その惑星候補の名前はTyche

その存在を研究している天文学者はルイジアナ大学のJohn MateseとDaniel Whitmireによると、その巨大な惑星はOort Cloudという小惑星群(なんと半径1光年)に隠れていて、今まで誰も見た事がないのだとか。

誰も見た事ないのに、なぜ存在が分かるのでしょう?

その存在を証明するのはNASAの赤外線調査のデータ。正式に発表するには、もう少し詳細な分析が必要だそうです。分析にかかる時間は2年ほどの見込み

Tycheは(太陽と地球の距離)×15000 くらい遠くにあり、大部分が水素とヘリウムでできている星だそうです。太陽の周りを周回しており、衛星と環を持ちます。

表面温度は-73度、周りの小惑星が絶対零度(−273.15度)であることに比べれば、比較的高めです。Whitmire氏によると、その巨大な大きさのため、星ができた時の熱をまだ放出しきっていないためそうです。

Tycheは、先日小惑星に降格となった冥王星の代わりに9番目の惑星となるのでしょうか?

実はTycheの存在が証明されたとしても、太陽系の惑星とは認められない可能性もあります。

それは、Tycheは他の系で生まれて、我々の太陽系に取り込まれたという説が濃厚だからです。

惑星として認められるには色々と大変なんですねー。

惑星になるかはともかく、早くTycheの存在が証明されるといいですね。わくわく!

[The Independent]

Jesus Diaz(原文/mio)