WindowsのiTunesライブラリを丸ごとMacにお引越ししてみました(長文解説)

110205ituneswintomac00.jpg

私事ですが、MacBook Airを導入しました。13インチモデルです。かっこいいんで、毎日ニヤニヤしながら使ってますよ。

普段Windowsマシンを使ってますが、MacBook Airいいっすね。デザインもいいし、意外と使いやすいですよ。

で、いろいろデータの移行などをしておりましたが、iTunesをWindowsからMacintoshにお引越しするとなると、結構面倒みたいなんです。僕、iTunesにかなりの音楽ファイルをぶちこんでまして(さっき見たら約41GB)、これを全部引っ越すの大変だなと思ってたんですよ。

ただ単純に音楽ファイルを移動するのなら簡単ですけど、プレイリストや再生回数、レートなんかも完璧に引っ越したいじゃないですか。

どうしようかなと悩んでいたんですけど、よく考えたら、ちょっと前にギズモードで「CopyTrans TuneSwift」というソフトを紹介していたことを思い出しまして、記事を確認。そしたら書いてるの自分じゃないですか!

よし、このソフトを使って、iTunesの引越しをするぞ! ということで、その模様を紹介します。

110205ituneswintomac01.jpg

まずはCopyTrans TuneSwiftをインストール。そして起動。このソフトは「CopyTrans」というパッケージ内に含まれてます。起動するとこのようなメニュー画面が表示されますので、一番上にある「CopyTrans TuneSwift」をクリックします。

110205ituneswintomac02.jpg

次に機能選択画面が表示されます。今回はWindowsからMacintoshへ移行するので「転送」を選択しました

110205ituneswintomac03.jpg

次にiTunesライブラリの転送先のOSを尋ねられます。今回は迷うことなく「Mac(Mac OS X)」ですね。

110205ituneswintomac04.jpg

お次は転送先の指定。ネットワーク越しにWindowsマシンからMacBook Airへバックアップファイルを直接保存もできますが、今回はファイルサイズが大きいので、一度外付けハードディスクに保存するようにしました。保存先を指定したら「転送スタート」をクリックします。

110205ituneswintomac05.jpg

転送が始まります。ファイルサイズによってはかなり時間かかります。僕、少しファイルを減らして30GBくらいにしましたが、2時間ちょっとかかりました。

Windowsでの作業はここまで。この後はMacintosh上での作業になります。Macintosh上に先ほどのバックアップファイルをコピーしておきましょう。僕は、外付けハードディスクをそのまま繋ぎ変えました。

そしてこちらから、Macintosh用のリストアソフトをダウンロードして下さい。

 

110205ituneswintomac06.jpg

起動するとこのような画面になります。「Select the backup file to restore from」の欄にある「Browse」をクリックします。

110205ituneswintomac07.jpg

ファイル選択画面になります。先ほどWindowsでバックアップしたファイルのあるフォルダを開きます。複数のバックアップファイルが作成されていることもありますが、必ず先頭のファイルを選択してください

110205ituneswintomac08.jpg

ファイルの選択が終わったら「Restore」アイコンをクリックしましょう。

110205ituneswintomac10.jpg

復元が始まります。時間かかるかもしれませんのでゆっくり待ちましょう。これで作業は終了です。復元が終わったら、iTunesを起動してみます。

110205ituneswintomac11.jpg

すると、Windowsとのときとまったく同じようになりました。曲のタイトルや情報はもちろんのこと、プレイリストや再生回数もきちんとひきついでくれています。

ちゃんとiPhoneやiPadのバックアップファイルなどもお引越しされています。

このCopyTrans TuneSwift、3月15日まで無料で使えますので、WindowsからMacintoshへの乗り換えを考えている人は、要チェックです。

CopyTrans TuneSwift[WindSolutions]

(三浦一紀)