自宅を未来仕様にする10のポイント。

110308homeimprove.jpg

昔は洗濯なんてすごーく面倒だったのに今では洗濯機でパッと済んでしまいます。きっと100年後には今やってることの中に、昔は大変だったんだなぁーって思われる事が沢山あるんでしょうね。

でももしかしたら知らないだけで、今でもできることがあるのかも! ということで今からできる、自宅を未来仕様にする10ポイントを紹介。

1 ガードロボット

ガードマンじゃなくてガードロボット。リモートで動かせるSpykeeを使えば、留守中も家を見回ることができます。カメラとスピーカーがついているので、お家にいるペットを追いかけて、その子に話しかけることもできます。侵入者の写真を撮ることも可能ですよ。

2 朝、強制的に起こしてくれて、コーヒー付き朝ご飯をつくってくれるシステム

X10 キットがあれば、家電製品をタイマーコントロールできます。

たとえば、アラームを設定すると、その時間にベッドがもちあがって椅子になり、アラームを切ったら、その10分後に電子レンジがオートミールを、コーヒーメーカーがコーヒーを用意してくれる、みたいな感じです。

3 家庭菜園

110308greenhousedome.jpg

もしかしたら未来では石油枯渇とかで、自分で野菜を作らないといけなくなるかもしれません。温室を作るとしたらドーム型をオススメします。

ネットにはセルフビルドの温室の方法が沢山ある(例えばこちら)のでそれを参考にしてみてください。。

4 お尻にジャストフィットした椅子

ちゃんとした宇宙船の椅子って、お尻にジャストフィットした形をしてます。(訳者注:原文まま。うーん、宇宙船の椅子ってどんなだったかな。)

だから、家の中の椅子もそうしましょう。これには、メモリーフォーム(低反発枕みたいな素材)を使えばいいですね。

5 人工ペット

「スリーパー」にでてくるロボット犬とか「ブレード・ランナー」にでてくるロボットふくろうとかあるし、人工ペットは次世代ペットとして当たり前のものになるはずです。

今飼える人工ペットは、ロボット犬とか恐竜とかがあります。

6 自分で配置替えしてくれる部屋

110308cubemobile.jpg

簡単に部屋ががらっと変わっちゃうような時代に近づいてます。

コレみたいに車輪が付いている部屋なら、簡単に動かせて気分転換も簡単にできます。レールなどを設置して動力をつけたら、ボタンひとつで配置替えできるようになりますね。

7 自動掃除

用意するのはルンバスクーバ

スイッチを入れて家を出れば、帰ってくるまでに、床は勝手に綺麗になってます。

8自動でon/off の音楽やライト。

あらかじめ設定してるとかじゃなくて、気まぐれを察してくれたら本当に未来!って感じがしますよね。ふらっと、ある部屋に入ると、その部屋のスピーカーと電気がonになって、出る時にはoffになってくれたら、そんな感じ。

RFIDチップを使えばそれも難しくないですよ。

9 バイオテクノロジー

スタートレック・ヴォイジャーのエピソードで、ヴォイジャーのバイオ神経回路がチーズ由来のバクテリアによってダメージを受けるっていうのがありました。

今のところ、バイオテクノロジーによる宇宙船はないですけど、バイオの力を利用した家は沢山ありますよ。屋根に緑を植えるのはどうでしょう?土と植物が温度を一定に保ち、雨漏りも防いでくれます。

10 形を変える家

お掃除ロボットも、ロボットペットやロボット警備員も揃えて、部屋の位置は自由に変えられるようにして、屋根には植物を植えて、、、次は何しよう?

それなら、家が文字通り形を変えるというのはどうでしょう? イギリスのカントリーサイドにあるこの家、ボタンを押すと外壁が動いて、ガラス張りのリビングが現れるようになっています。詳細はぜひ上の動画で確かめてみてください。

お家の中を未来仕様に近づける10ポイント、どうでしたか?中にはちょっとマユツバなものもありましたが、もしかしたら未来には当然なもの、なのかもしれません。。

[http://io9.com]

Annalee Newitz(原文/mio)