ネズミ取りとピンポン球で、ウラン235の原子核連鎖反応を分かりやすく説明(動画)

動画はクリーブランド(オハイオ州)にあるHorizon Science Academyという学校の化学の授業の様子です。原子核連鎖反応とはどういうものかを説明しようとしています。

動画の始めの方では、緑と黄色のキャンディを使って説明を試みていますが、いまいち分かりやすくありません。

そこで、300個のネズミ取りと600のピンポン球を使ってモデルを作っています。

まさしく、「連鎖反応」っていう現象なんだ、ということが分かりますね。

Jesus Diaz (原文/mío)