任天堂のジレンマ...「ニンテンドー3DS」のウリは「3D」じゃないの?

任天堂のジレンマ...「ニンテンドー3DS」のウリは「3D」じゃないの? 1

難しいところですよね。

発売前から3Dゲームが子どもの発育に及ぼす影響などが物議を醸したりしていたのですが、ここにきて当の任天堂側でも、いわゆる3Dゲームの魅力をどこまで「ニンテンドー3DS」で前面に押し出してもよいものだろうかと悩んでいるのかもしれませんよ。

どうやら一部の購入ユーザーから、3Dゲームを3Dで見ることができないという問い合わせが相次いだりしているんだとか。その数はそんなに多くはないようなんですけど、でも決して無視できない事例でもあるそうですね。3Dゲームをプレイした後で目に痛みを感じたり、気分が悪くなるというケースもないわけではないようです。

できるだけ多くのユーザーの皆さまに楽しんでもらえるソフトを出していきたいと願っています。「3Dでは見れない」とおっしゃるお客さまがおられることも事実です。それで、3Dモードでプレイできなければ使えませんというケースをなくしていこうと考えています。

そう語った任天堂の紺野秀樹プロデューサーですけど、すべての3Dゲームに、3Dモードをオフにして従来の2Dモードでもギャップを感じずに遊べるような設計を強いるというのも容易ではないでしょうね。そもそもニンテンドー3DSで3Dの魅力を奪うのは、たとえて言うならば「Wii」で身体を動かすWiiリモコンなしに従来のような指先のボタン操作のみでギャップを感じることなく遊べるゲーム制作を強いるのと同じくらい簡単なことじゃないと思うんですけど、果たして今後の進展はどうなることでしょう。

Ars Technica

Sam Biddle(米版/湯木進悟)