発熱するコーヒー豆!?「Coffee Joulies」

発熱するコーヒー豆!?「Coffee Joulies」 1

        

一見、コーヒ好きな人のペーパーウェイトみたいですけど

Coffee Jouliesは、あなたのコーヒーを長時間温かく保ってくれる優れものなんです。仕組みはこんなかんじ。外側はステンレス製、内側には相変化物質がたっぷり詰まっているから、入れたての熱々のコーヒーの中にポトっと入れると、まずは熱すぎるコーヒーの熱をCoffee Jouliesが吸収して程良い温度にまで冷ましてくれます。その後は吸収した熱を徐々にリリースし、コーヒーを保温してくれるんです。なんか、いいですよね?

ちなみに、Coffee Jouliesの内側に入っているPCMの溶融点は140F(60℃)ということで、Coffee Jouliesの目標としている飲みごろ温度は140F(60℃)だそうです。 

Cooffee Jouliesは標準よりも3倍の速さでコーヒーを冷まし、飲みごろ温度を 2倍持続してくれます。ただ、これはあなたの使用しているコーヒーカップの保温性に左右されるところもあって、カップからリリースされる熱が多ければ多いほど、Coffee Jouliesの効果も薄れてしまうそうです。

ここで、ちょっと気になることが。 それはです。一般的に入れたてのコーヒーは200F(93.3℃)ぐらいなので、Coffee Jouliesは60F(15.6℃)を3倍の速さで冷ます事になります。コーヒーの味は冷えると共に酸味が出てしまったりと味が変化する傾向があるので、品質にこだわりのあるお店は、氷の上に直接エスプレッソを注がないようにしています。 Coffee Jouliesで、味がどうなるのかは分からないけど、ひどい猫舌だったり、何度も何度もコーヒーで舌を火傷している人、より長時間コーヒーを温かい状態で楽しみたい人には、オススメですね。湯たんぽを温かくし続けるのにもいいかも!?

気になるお値段は40ドル(約3300円)。 タンブラーセットもあるそうです。

[Kickstarter via Nick Cho]

-Matt Buchanan(原文/junjun )