Dropboxを使い倒す10の裏技

2011.03.04 14:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

110301_dropbox.jpg


Dropboxは「素晴らしい」のひと言に尽きますよね。2007年に地味なスタートを切って以来、このクラウドストレージサービスは飛躍的発展を遂げてきました。ブラウザで使えるインターフェイスに加え、今ではWindows、OS X、Fedora、Ubuntu向けクライアントも提供し、AndroidやiOSの携帯にも対応しています。利用料は無料から。猿でもわかるインターフェイス。こんな便利なDropboxを使わない手はない!

そこで今回は初めて使う読者のために、この編集部お気に入りのクラウドストレージソリューションをさらに便利に使う10のTipsをご紹介します。


友だち・アソシエート紹介してDropboxのスペースをもらっちゃおう


デフォルトで無料でもらえるストレージ(2GB)以上欲しい人は、DropboxのサイトにログインしてGet Started > Invite Friendsをクリック。紹介した相手がアカウントを開設すると1人250MBのスペースがもらえます。謝礼の上限は8GB。


DropboxとGspaceで自分だけの無料オンラインストレージの帝国を構築


紹介できる相手が誰もいない? 大丈夫! Gmailアカウントをいくつか開設し、そのメールアドレスでDropboxの新規アカウントを作って、文書、写真、PDFなど用途別にアカウントを使い分ければいいんです。もっと大きなクラウドが欲しいなら、 Gmailアカウントの各7GB分のストレージをGspaceでクラウドストレージに変えて使う手も。
 

サイトのファイルのバックアップを安く


バックアップが死ぬほど要る人はハードウェアベースの高価なソリューションを使わなくても、Dropboxのフォルダーを定期的に活用すると良いですよ。マシンをネットに繋ぐと、そこからファイルのバックアップがDropboxに保存されます。バックアップ更新漏れがないよう定期アラートをカレンダーに設定しておこうね。


ブログ用ファイルをホスト


ブログ持ってる人はDropboxで写真をホストもできます。コンテンツをDropboxのPublicフォルダにドロップするだけでOK。これでクラウドに画像の同期がとれるので、あとはブログに貼りたい画像を右クリックして「Copy Public Link」を選び、リンクをブログのバックエンドのインターフェイスに貼り付けると...ジャーン、ブログに表示されますよ。


アカウントを安全に共有


Dropboxのアカウントにフォルダを作成し、誰でも好きな相手と共有も。Dropboxのアカウントにログインして、「Share a Folder」をクリック。既存フォルダ共有か新規フォルダ作成か選び、フォルダを見せたい友だちや同僚を招待すると、Dropboxから招待メールがいきます。


iTunesをコンピュータ複数と常時シンク


iTunesライブラリとそれに関連付けられた.xmlファイルをパソコンAのDropboxのフォルダに動かし、その新しいライブラリの在り処をiTunesに教えます。で、Dropboxのフォルダ内にあるそのライブラリが探せるよう、パソコンBにあるiTunesのプリファレンスを設定してやると...あとは放っといてもパソコンBにクラウドからファイルの同期が取れますよ。


出先でもタスクを確認


DropboxアプリをAndroidやiOS対応スマートフォンにインストールした人は、モバイルでも使えて便利。パソコンでto-doリスト作って、それをDropboxのフォルダに保存しておけば、出先で「あれ? ミルク買うんだっけ?」とド忘れした時もスマフォからリストが見れますよ。


パスワードをクラウドで共有


KeePass Password Safeや1Passwordなんかのプログラムと一緒に使うと、自分のパソコンで使う全セキュリティ・パスコード情報のバックアップがDropboxに取れるだけじゃなく、その情報を(Keepassや1Passwordをインストールした)他のマシンとシンクすることもできます。マルチボックス・セキュリティがより簡単になった感じですねー。


複数のマシンにソフトウェアをインストールする時もDropbox


Dropboxを使うと、沢山のマシンにネットワークコネクション抜きでソフトウェアをインストールできますよ。まずプログラムのインストレーション用ファイルを自分のDropboxにアップロード。次に、そのアップロードしたばかりのソフトを設定したいコンピュータにログオンし、Dropboxのサイトにログイン。で、インストレーション用ファイルをダウンロードするだけです。


削除したファイルを復元する


Dropboxのフォルダからファイル削除して「しまった!」と後悔した時も大丈夫、復元は一発です。Dropboxのサイトにログインし、「Show Deleted Files」ボタンを押して、元に戻したいファイルをクリックし...そう、「restore」をクリック。これでほぼ瞬時にパソコンのDropboxのフォルダに復活します。


110203_maximum.jpg本稿はPCニュース、レビュー、ハウツーの最新情報をお届けする「Maximum PC」のゲスト寄稿です。


Seamus Bellamy, Paul Lily, and David Murphy - MaximumPC(原文/satomi)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別企画

15分を2分にした実力。フィリップスの電動歯ブラシがテクノロジーの塊すぎた

PR

歯ブラシにここまでいろいろ詰まってるとは。 みなさま、歯磨きの時間ってどれくらいかけていますか? 一説によると平均的な歯磨きの時間は数十秒なんだとか。 しかし歯医者さんのいうしっかりした歯磨きとは本...
続きを読む»