高機能すぎる!進化したiMovie for iPad 2でできること

20110303_imovie01.jpg

iPad 2からデュアルコアA5チップ搭載、おかげでビデオ編集のためのパワーが大幅にアップ、マルチトラックでオーディオ録音ができて、AirPlayで作成した動画をApple TVから再生できて、HD動画としても保存できるようになっちゃいました。

進化したiMovieアプリは3月11日、(アメリカでは)5ドルでリリースされます。

iMovieは、iPhone 4、第4世代のiPod touch、iPad 2に対応しているとのこと。

(つまり第一世代のiPadでは使えないのですね...)

20110303_imovie02.jpg

進化したiMovieアプリは、新テーマが追加され、指先で高度に編集できるインターフェース、まさにiPad 2のためにできたアプリです。

その機能をざっくり紹介して行くと、

・アプリのホームスクリーンのデザインが昔の劇場っぽくなっていて、前回作成したプロジェクトがサムネイルとして表示されます。またテーマテンプレートはまるで映画のポスターのようなイメージで表示されます。

・クリップを編集するためのジェスチャーがあります。例えばタイムライン内でトランジションをピンチして開くと「詳細編集」が表示されたり、長押ししてトリミングの操作ができるようになったりします。

・トランジション効果が豊富です。 Ken Burns エフェクトまで搭載されてました!

・オーディオ編集もかなり進化しています。オーディオクリップの波形も自在に編集出来て、マルチトラックオーディオ対応に、iTunesライブラリから曲をインポート可能、50種類のサウンドエフェクトから選択できて、ボリューム調整も細かく設定できます。

これがたったの5ドルなんてすごすぎます! 

iPad 2 を買ったら絶対このアプリも買うべきですね! 

[Apple Meta Liveblog,アップル]

mayumine(Adrian Covert 米版