iPad 2を買うなら、3G版とWiFi版どちらが良いのか? 

2011.03.14 19:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20110314_whatipad2.jpg


米国で、3月11日にiPad 2 が発売されました。
16GB、32GB、64GBに3GかWiFiか...、種類が多すぎて、どのモデルが自分にとって一番ベストな選択肢なのか、迷っている人も多いでしょう。
上の図はそんな人に参考になると思います(クリックして拡大、ただし英語)が、まずWi-Fi版か、3G版か、どちらが本当に良いのか、早速iPad 2 が発売されたアメリカからの見解をお届けしましょう! 


昨年のiPad発売で学んだこと


去年iPadが登場された時はどのiPadを買うべきなのか(3G版かWi-Fi版か)、ちゃんと判断が出来ていなかったかもしれません。しかし今ではその教訓を活かしてどのiPadが自分にとって必要なモデルなのか、判断できるようになってきましたね。

例えばiPad発売時に高額なiPad 3G版を手に入れた人(クリスとブライアン)は、買った当初は使っていたものの、結局3Gからの接続はほとんど必要ないことを悟りました。iPadを使うシーンというのは大抵、WiFi接続がある家か、コーヒーショップやレストランでした。
実際今回、彼らはWi-Fiモデルを購入しています。
そして彼らと同様、今回私自身もiPad Wi-Fi 64GBを買います。

実際にたまにしかiPadでインターネット接続しないし、一般的なニューヨーク在住の人も一緒だと思います。
 

じゃあ誰が3G接続版を必要としているのか


私の周囲の人間は遠方から通勤している人はほとんどいません。
私の家はオフィスからほど近く、ニューヨークの地下鉄を利用していますが、世界の中心都市にも関わらず、地下には3G回線が届いていません。

本当に3G版を必要としている人とは...


例えば、
・通勤時間が長く電車やバスの中にWi-Fiがない人
・道の真ん中でも公園の中でも常に繋がっていたい人
・国内国外問わず、ノートパソコン無しで出かける機会が多い人
・Wi-Fiがどこもかしこも飛んでいるような都会に住んでいない人
・ネット接続するために、わざわざ道の真中でスマートフォンのテザリングをオンにしたりWi-Fiスポットを探索するのが面倒臭く、それを回避できるなら130ドル余計に払っても高くないと思っている人
(iPhoneを持っているiPadユーザーはiOS4.3以降、パーソナルホットスポット機能でiPadにネット接続できるようになりましたけどね。アメリカ国内の話ですが。)

もし上の中に属するなら3G版を購入するという選択肢は大いにアリです。

さらに3G版を購入の選択肢に入れる他の要素としては、GPS機能です。
少なくても私の周囲にはiPadでGPSをつかったロケーションサービスを使いこなしている人はいないのですが、とにかく都市部では、Wi-Fiで取得できる位置情報の精度はまあまあです。
車の中で使う人やトレッキングをする人など、GPS機能が必要な方は3G版の方が良いかもしれませんね。
(しかしながら、スマートフォンの方がiPadよりGPSの精度が良いし、さらに小さくて軽いし、そして実際のところ車の中や歩いている最中は、スマートフォンのスクリーンサイズの方が使い勝手が良いと思いますが。)


黒か白か?


これは個人の好みでしょう。


AT&Tか、Verizonか?


アメリカではiPadを取り扱っているキャリアはAT&TとVerizonがありますが、どちらがいいかは場合によります。
iPhone 4 のようにVerizonの方がカバー範囲が広いですが、トップスピードはちょっと遅め。
またiPhone 4とは違って、iPadは基本的に受信感度が高くてアンテナも強いと思います。

そしてAT&Tの電波状況はVerizonに比べて劣ると言われていて、Verizonユーザーの方がAT&Tよりも幸せだと言えますが、VerizonはiPhone 4 ユーザーとAndroidユーザーに帯域制限をかけているので、どちらが良いとはなかなか言い難いのが現実です。

(注:Verizonは日本のドコモのようなもの、AT&Tは日本のソフトバンクのようなもの)

また価格面も大きな問題です。(アメリカ国内の事情ですが参考までに)
AT&Tのプランはシンプルで、データ通信が250MBまでなら月に15ドル、2GBまでは月に25ドル。通信量がそれぞれの上限を超えると、データ通信料毎に追加料金がかかります。(すでに過去にiPad 3G のデータ通信無制限プランに入っていた人はそのまま使える)
Verizonは、データ通信料は1GBまでなら月に20ドル、3GBなら月35ドル、5GBなら月50ドル、10GBなら月80ドル。

つまり、iPad でそんなにデータ通信を行わない人ならAT&T、大量にデータ通信を行う人ならVerizonを選んだほうが良いでしょう。

さらに別の検討ポイントとして、ヨーロパ諸国など諸外国に旅行する事が多いなら、AT&Tの方が良いかもしれません。
ほとんどの諸外国でAT&Tが採用するGSMをサポートしているからです。
もしヨーロッパの国に住んでいたといたら(例えばスペインなど)、追加料金無しで代替のmicro SIMカードを得ることができ、同じデータ通信プランで利用できます。

こういった特別な事情があれば3G版を買う理由があるかもしれませんが、私はそうではないので iPad 2 Wi-Fi 64GB版を購入する予定です。


Jesus Diaz (原文/mayumine)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加