日本を襲った大震災が世界のIT業界にもたらす深刻なインパクトとは? #jishin

被害は日本国内だけにとどまらないです。

時を追うごとに大震災の深刻な惨状が世界中に伝えられて衝撃を広げていますが、計り知れない人的被害のみならず、その後に続くIT業界へのインパクトの大きさを憂う緊急アナリストレポートも発表されています。全世界の人々が心配そうに日本を見守りつつ、1日でも早い復興を願っています。

iSuppliの速報値によれば、コンピューターや家電製品を含む昨年のエレクトロニクス分野の世界の総売上のうち、13.9%は日本企業によるもので、特にマイクロチップやLCDパネルなどは、日本を供給ルートに頼っている国が多いとされています。日本に本社がありつつ、実は製造ラインは外国にあるという企業も少なくはありませんが、今回の震災後のインフラやサプライチェーンへのダメージなどを総合的に考えると、やはり今後は全世界のIT業界に深刻な影響が及んでくるのは避けられないと警鐘が鳴らされていますね。

世界のギズモード編集チームも、まずは一刻も早く貴重な人命救助が進むようにと強く願っています。同時に、心からガジェットを愛するものとして、IT業界でもまた元気に日本が早期に立ち直ってくることを願ってやみません。

iSuppli

Brian Barrett(米版/湯木進悟)