マンホール&ジンギスカン鍋メーカーが作った鋳鉄製スピーカー

マンホール&ジンギスカン鍋メーカーが作った鋳鉄製スピーカー 1

北海道は旭川で丹念に育てられた、なまらいい音のスピーカーだそうですよ。

フツーのスピーカーのハコには木やMDF、プラスチックが使われますが、臼井鋳鉄工業の「CASTRON MP-01」や「CASTRON Mk1 SE-BMk2 SE-B」はダクタイル鋳鉄製。そう、メタルなんです。

もともとは同社のジンギスカン鍋「蒼き狼」やすきやき鍋「醇 JUN」、しゃぶしゃぶ鍋「燗 RAN」で使われている素材だとか。金属のイメージから響きやすく付帯音がつきやすいのかナーと思ったら、意外にも内部損失が大きく共振を吸収しやすいのだとか。なのに固くて重いから、コンパクトでも鳴りっぷりが抜群にいいみたいですね。

そういえば高価なスピーカースタンドやオーディオラックでも鋳鉄が使われていましたっけ。なるほど。

受注生産なだけあって値段がお高い(一番安いMP-01でも15万円)のですが、日本ならではのこだわりの逸品として応援したいですね。

CASTRON[有限会社クォンツ/臼井鋳鉄工業株式会社]

(武者良太)