東北関東大震災で一日の長さが短くなった模様です #jishin

先日起きたチリ大地震に続いて、東北関東大震災によっても一日が短くなったようです。

NASAジェット推進研究所の発表によりますと、地球全体の質量分布がどう変化したかを計算したところ、一日の長さが1.8マイクロ秒短くなったそうです。体感ではほとんど感じられないくらいの短さですが、それほどまでに東北関東大震災が地球に影響をもたらすとは驚きですよね。

さらに地球がバランスを保つための形状軸も17cmずれ、今後様々な観測に影響を及ぼすことが予想されています。

さて、そろそろ地球さんには落ち着いてほしいところです...。

[CNET]

(遠藤充)