停電時にも使えます。ガスと小鍋でご飯を炊く、ちょっと変わった方法(動画)

はじめチョロチョロなかパッパ、赤子泣いてもふたとるな! って、習った、けど...!?

直火でご飯を炊いた事ある方は結構いるかも知れませんが、この動画の炊飯方法はかなり斬新です。赤子泣いてもふたとるな、のはずだったんですけど、途中でご飯をかきまぜちゃうみたいです。

簡単に作り方をまとめると、

  1. フタ付きの鍋を用意(種類は問わない)し、研いだ米(または無洗米)と水を同量ずつくらいの割合で入れ、軽くかき混ぜる
  2. 米に吸水させるため、蓋をして30分〜1時間放置
  3. 蓋をしたまま強火で沸騰させる
  4. 中身が沸騰したら蓋を開け、箸やヘラなどで手早く、まんべんなくかき混ぜる
  5. お粥のようになり、米粒一つ一つの輪郭がはっきりしてきたら、素早く蓋をし弱火にする
  6. 4〜5分経ったら、5秒ほど強火にしてから火を消す
  7. 蓋をしたまま20分放置し、蒸らす→完成!

炊飯途中にかき混ぜることに驚きましたが、これにより、吹きこぼれや、薄い鍋でも焦げつきを防げるようです。

電気が使えないときでも、ガスコンロがあれば炊けるので、非常時の為に覚えておいて損はなさそう。ぜひ、お試しください!

小鍋で直火炊きご飯!(曲差し替え版) [YouTube]

(佐脇風里)