窒素はどこに消えた? 海中の窒素が大量に消えている

窒素はどこに消えた? 海中の窒素が大量に消えている 1
窒素はあらゆる生命体の根本をなす要素のひとつですが、このところ世界中の海で、取り込む窒素より出ていく窒素の方が多いという奇妙な現象が起こり、「いったいどこに消えてるのだ?」と専門家も首をかしげています。

そんな中、消えた窒素の行方を突き止めようとチリの海岸を起点に船で各地を回る海洋リサーチャーのAlyson Santoroさんの話が、NYタイムズの「Scientist at Work」ブログに出ました。

一部の推計によると、海から出る窒素の量は海に入る窒素の量より年間数百テラグラム(10億kg)ぶん多いという。つまり海の窒素含有量が減っているのか? おそらくそれはないと思うが、海中の窒素がどこから来てどこに行くのか我々もよく分かっていないことは確かだ。

Santoroさんと研究者のチームは全長300フィート(91m)弱の調査船で35日間過ごし、6地点で水のサンプルを採集し、(大気から窒素を引き込む)水中微生物のテストを行う予定です。

出ていった窒素が水に戻らなかったら長期的にどうなるんでしょうね?

知りたいのはそこですよね。

[NY Times]

Image Credit: Alyson Santoro

Adrian Covert(原文/satomi)