人間のパイロットもビックリ! 完全自動で空母より発艦&着艦する「X-47B」の開発順調...

人間のパイロットもビックリ! 完全自動で空母より発艦&着艦する「X-47B」の開発順調... 1

最強のロボット戦闘機が誕生間近!

ノースロップ・グラマンが米海軍向けに開発を進めるステルス無人爆撃機「X-47B」が順調にテスト飛行を重ねていますよ。すでに先月より米国カリフォルニア州のエドワーズ空軍基地から無人飛行記録を打ち立てていましたが、今月に入って、より高度をアップした7500フィート(約2290m)の上空で最高速度は200ノット(約370km)にて安定した飛行に成功。今後もグングンと飛行速度や高度や航続距離を上げながらテストを続け、2年後には実戦配備が予定されていますよ。

X-47Bの最大の特徴は、これまでの遠隔操作を必要とする無人機とは完全に異なり、なんとあの人間のパイロットにとっても難易度の高い空母からの発艦や着艦はもちろんのこと、攻撃目標をインプットするだけで、あとはまったく自動で飛行して攻撃を終え、再び空母まで帰還してくる恐るべきロボット戦闘機になっている点です。ステルスプラットフォームも備えていますし、これは世界最強の無人飛行機として威力を発揮しそうですね...

CNET

Jack Loftus(米版/湯木進悟)