今注目の「量子ドット太陽電池」とは? 従来20%だった太陽電池のエネルギー変換効率を75%以上に! 東大

2011.04.26 12:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

110426dot02.jpg


ナノテク量子力学を利用した第三世代型太陽電池量子ドット太陽電池」が激アツなんだそうです。

東大シャープが現在20%程度にとどまっている太陽電池変換効率(太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換した際の変換割合)を、75%以上にできる「量子ドット太陽電池」の構造を突き止めたとのこと。これまでも量子ドット太陽電池は理論上63%の変換効率を得られると言われ注目を集めていましたが、今回の研究ではさらに高い変換効率が期待できると発表されました。
 

量子ドット太陽電池とは、

シリコンなどの半導体を使う従来の太陽電池に、ナノテクノロジー量子力学の新理論を適用。驚異的な性能を実現できる可能性を秘めた新技術

なんだそうで...


110426dot.jpg


量子効果」と呼ばれる現象を利用して発電する太陽電池で、第三世代型太陽電池とも呼ばれます。電子をナノサイズの箱に閉じ込めることで発電効率を高めるとのこと。

高いポテンシャルを秘めたこの技術。なんか凄そうですね。


東大、量子ドット太陽電池の理論変換効率75%に[日刊工業新聞]
太陽電池の変換効率75%に 東大とシャープが構造解明 [日本経済新聞]
注目の新技術「量子ドット太陽電池」 理論的な変換効率は60%超[ECO JAPAN -成長と共生の未来へ-]
変換効率(太陽電池)[環境ビジネス用語辞典]
[平成22年版 環境・循環型社会・生物多様性白書]
Making solar more affordable[Consumers Union]

(鉄太郎)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4797359803


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア