これぞAndroid 3.0タブレットの真打ち! iPad 2を上回る高性能なのに低価格をついに実現...

110419xlarge_iconiatab.jpg

Androidタブレットの新境地へ!

世はタブレットブームなれど、なかなかiPadを真の意味で超える対抗製品を探すのは簡単じゃないよねって状況かもしれませんけど、ついにその壁を破りそうな新製品が台湾のエイサーから発売されますよ。一気にノートPCの勢力図を塗り替えた勢いで、タブレット業界にも革命を起こしてきたりするのかもしれませんよね...

最新のAndroid 3.0(Honeycomb)を搭載する「Acer Iconia Tab A500」は、iPadと競り合う10.1インチサイズのマルチタッチディスプレイ(WXGA表示)を備えつつ、デュアルコアのCortex A9を内蔵するNVIDIA製の「Tegra 250」1GHzプロセッサー、1GBのRAM、16GBのストレージ、2メガピクセルと5メガピクセルのデュアルカメラ搭載と、まったく「iPad 2」にも引けを取らないスペックを誇っています。そして最大のニュースとしまして、あのiPadの壁は超えられまいと言われ続けてきた販売価格面でも、Wi-Fiモデルで449.99ドルと、ついにiPadを性能で上回って値段では下回る魅力十分のAndroidタブレットがリリースされますよ。

いよいよ米国内では今月24日から発売開始とあって、実際の使用感などのレビューは今後に待たれますけど、これは期待度大ではないでしょうか。エイサーさん、そのうち日本でも売り出しちゃってくださいね~

Brian Barrett(米版/湯木進悟)