ドコモ、スマートフォンにも対応した「声の宅配便」サービスを4月22日から開始

ドコモ、スマートフォンにも対応した「声の宅配便」サービスを4月22日から開始 1

NTTドコモが4月22日から「声の宅配便」という新サービスを始めたそうです。

声の宅配便」というからには、音声サービスのようですね。

プレスリリースに、下記のような説明が書かれていました。

メール作成が面倒、難しいと感じている方も、電話をかける時のように簡単な操作でメッセージを伝えることができます。また、電話とは異なり、相手の都合を気にすることなく、いつでも気軽にメッセージを残すことができます。

この説明だけを読むと、結局やっていることは、旧来の留守番電話サービスと同じなのではないかと思ってしまったのですが...僕の気のせいでしょうか?

もう少し詳しくみていきますと、以下の5点がポイントのようです。

・月額使用料は無料。申し込み不要。

・ファミリー割引グループ内の場合、メッセージ録音のみ無料。(ただし、メッセージ再生は有料。)

・相手が再生したことが録音したメッセージの本人に通知する機能を搭載。(ただし、相手が通知機能をオンにしていること。)

・スマートフォン向けの専用アプリを提供。

・*2020を付けて電話をかけることで、電話番号の相手に音声メッセージが残せる。

なるほど。段々分かってきました。相手が電話に出られるかもしれない時でも、メッセージを預かってくれるところが、これまでの留守番電話サービスと大きく異なるのですね!

ちなみに、4月22日(金)から発売する「らくらくホン ベーシック3」では、発信画面に「声の宅配便ボタン」(ソフトキー)が表示されるそうです。

そういえば、4月下旬に発売される「らくらくホン」からSIMロック解除がはじまる...という話がありましたが、この「らくらくホン ベーシック3」がドコモ初のSIMロック解除携帯になるのでしょうかね?

おっと、話が横道に逸れてしましましたが...イマドキの愛の告白をメールでしちゃうって人も、このサービスを利用して自分の生声を録音した方が相手によく伝わったりするかも知れないですね。相手が録音してくれたメッセージを残すこともできるので、後で何度も聞き直すことができるのもアリなのかもです。

そんな訳で「声の宅配便」は、スマートフォンにも対応した音声によるメッセージにこだわった新サービスのようです。ドコモユーザーの方は、是非ご活用下さいね。

「声の宅配便」サービスを提供開始[NTTドコモ]

(KENTA)