【iPad2レビュー】iPad2ファーストインプレッション!

110428-ipad2m1.jpg

コイツはどえらいタブレットだぜ...!

そんな訳で買ってきましたiPad2。ルックスはご覧の通りですが、さて中身はどんなんでしょうね。

そう考えながらアクティベート&プリペイドプランの設定を行い、様々なアプリを動かしてみると、明らかに初代iPadとは違う次元のパワー&スピードを感じます。しかも既存のアプリはiPhone4や初代iPadに合わせて作られているので、まだまだ余裕を残している様子

うん。こんなときはスペックの結果が赤裸々に表れるベンチマーク結果を見てみましょうか。

110428-IMG_0020_R.JPG

まずはiOSベンチマークアプリとして有名なGeekbenchから。総合スコアは748。iPhone4が365、初代iPadが450だったので、ポテンシャルが大幅にアップしたことがわかります。

110428-IMG_0026_R.JPG

3D Benchmarkの結果は59.9fps。iPhone4は47.1fps、初代iPadは56.1fpsでした。

110428IMG_0031_R.JPG

高性能になると、いったい何が変わるのか。具体的には初代iPadではもたつく、と感じたアプリがめっちゃ使いやすくなります。

たとえばこのdjayなどの音楽ファイルミックス再生アプリ。従来はレイテンシが大きく(またはレスポンスが遅く)、華麗なプレイをするには反応の甘さを考慮した上で、速め速めの操作が必要でした。iPad2でも遅れを解消できるわけではありませんが、それでも初代iPadよりもっと直感的に操作できます。

110428-IMG_0029_R.JPG

ラブプラスiRKoi Pond HDなどのアプリも滑らかさがアップ。画面の解像度は変わっていないのに、より綺麗に見えてきます。

110428-IMG_0021_R.JPG

SuperPopCamなど、フィルター機能を持ったカメラアプリもGood。iPad2を持って撮影するという絵面は指を差されそうですけど、それを差し引いたとしても快適さが上回りますねー。

逆をいえば、いままでCPUの負荷が高かったアプリを使うのでなければ、初代iPadでもいいかも...と感じさせるもの。個人的には「買って良かったiPad2」ですけど、いまお悩みの皆さんはどう使うのかをよくよく考えてから判断してくださいね。

(武者良太)