ついに光合成の謎が解明される! エネルギー問題解決策として注目される「人工光合成」実現に向け前進! 大阪市立大

2011.04.19 20:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

110418kougousei01.jpg


光合成って小学生の時に習いますけど、原子レベルでは意外と謎だったんです。

大阪市立大の研究グループが、植物が光合成で水を分解して酸素を発生させる仕組みを原子レベルで解明することに成功しました。これによって「人工光合成」として高効率で太陽光から電気を取り出せる可能性が高まります。

光合成とは光エネルギーを化学エネルギーに変換する生化学反応のこと。植物や藻類などの光合成生物は光エネルギーを使って水と空気中の二酸化炭素から炭水化物を合成しています。また、水を分解する過程で酸素を発生させます。

この光合成のうち、水を分解して酸素と電子などを発生させる詳しい構造は分かっていませんでした。


110418kougousei02.jpg


wikiペディアによれば従来の太陽電池では電力貯蔵の問題が生じたけれど、人工光合成なら化学エネルギーを生成するためエネルギー貯蔵が簡単になるとのこと。エネルギー貯蔵が簡単になれば、エネルギーを無駄なく使えますね。

エネルギー問題への関心が高まる中、人工光合成は期待の技術になりそうです。


光合成酸素発生の謎を解明-神谷信夫教授(複合先端研究機構)らの研究成果がネイチャー誌に掲載[大阪市立大学]
光合成 [Wikipedia]
人工光合成 [Wikipedia]

(鉄太郎)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4062576120


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア