現存する最古のNikonカメラ、約850万円スタートでオークションへ

現存する最古のNikonカメラ、約850万円スタートでオークションへ 1

コレクターズアイテムというやつなのでしょう。

オーストリア、ウィーンで5月28日に開催されるWestlichtプォトグラフィーオークションに出品予定の現存する最古のNikonカメラ。入札開始額は7万ユーロ(約857万円)とってもいい値がついております。

出品されるのは、Nikon I、シリアル番号609221948年製造のNikonが史上3番目に作ったカメラです。1917年設立のNikonですが、初めはレンズ製造しか行っていませんでした。1948年についにカメラ製造を始めるのですが、その最初の年に作られたとてもレアなカメラなんです。カメラだけでなくレンズ(Nikkor 2/5cm)もセットでついてきますよ。こちらのレンズもシリアル番号つき、70811です。驚くべきはこのどちらもまだ動く状態だということです!

オークション主催側は、7万ユーロスタートで、14万から16万ユーロ(約1700万から1900万円)で落札されるのではないか、と予想しています。収集家も多いカメラ界ですものね、これはこの値段いくかもしれません。

[Nikon-Rumors via PetaPixel]

そうこ(Kat Hannaford 米版