アドビがタブレット市場に本気を出した!iPad用開発ツール「Photoshop Touch」とは何か?

2011.04.15 19:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20110413_ipadphoshop01.jpg

ついにアドビがタブレット市場に本気を見せたようです。

これから紹介するのは単体で動く「iPad阪Photoshop」アプリではありません。
PCのデスクトップ版Photoshop CS5.1と連携し、入力系のマルチタッチインタフェースだけタブレット端末で操作可能にできるというものです。
これはなんかすごいかも!

先日Adobe CS5.5情報とiPad用のPhotoshopアプリが登場する事をお伝えしましたが、今回はその中のPhotoshop Touchというものについてさらに詳しく紹介します。

「Photoshop Touch」とは何か

アドビはiOSAndroidBlackberry等のタブレット端末から、ワイヤレスでデスクトップアプリケーションのPhotoshop CS5と連携できるという新しいアーキテクチャ「Photoshop Touch」を無償公開しました。
もうすぐリリース予定のPhotoshop CS5.1の機能の一部になり、Photoshop Touchを使って開発されたアプリはサードパーティーとして、デスクトップ版のPhotoshopとリアルタイムで連携可能になります。

Photoshop TouchSDKとして公開されているので、デベロッパーは、自由にデスクトップ版のPhotoshopと統合できるアプリケーションを開発することが可能になります。

Photoshop Touchの可能性は無限大です。
iPadHoneycombなどのタブレット端末が、ブラシや色やレイヤーなどを操作して完全にPhotoshopの拡張ツールとして使えるようになるのです。
お気に入りのタブレットが、お気に入りの画像編集ソフトの操作インターフェースに早変わりに!というのはなかなかアドビもやってくれますね。


Adobe Nav


201104014_phototouch05.jpg


アドビからPhoshop Touchで開発された、まずは3つのiPadアプリがリリースされます。
そのうちの1つAdobe Navでは、「色選択」や「ズーム」など、16種のカスタムツールパレットの作成が可能に。
さらにPhotoshop CS5で開かれている最大200までのファイルを操作することもできます。ドキュメント情報にアクセスし、ワークフローにそって再整理ができ、ファイルの拡大表示が可能です。
Adobe Navは、iPadからPhotoshop上のファイルを瞬時に開くことができます。

アドビの新しいPhotoshop TouchのSDKは、タブレット端末をPhotoshopの制御インターフェースにする事を可能にします。デベロッパーは絵を描いたり写真を編集するような、デスクトップ版のPhotoshopとは独立して動作するアプリを開発可能ですが、Wi-Fiでコネクトして統合させる必要があります。


Adobe Eazel とAdobe Color Lava


201104014_phototouch01.jpg


アドビがPhotoShop Touchのお手本として示したアプリが、Adobe Color LavaAdobe Eazelです。
Color Lavaは本当の絵の具のパレットように自然な手法で色を混ぜ、カラースウォッチやカラーテーマとして作成することができます。
このアプリはデスクトップのPhotoshopと連携して動作しますが、独立して操作することもできます。
例えば工業デザイナーやインテリアデザイナーなどが、どんな場所でもこのアプリで適切な色を作成しておき、後からデスクトップ版のPhotoshopと同期させるさせる...といった使い方ができるのではないでしょうか。

201104014_phototouch03.jpg
さらにEazelは一番わくわくするアプリだと思います。

iPad用の描画ソフトで、完全にデスクトップ版のPhotoshopからは独立しています。

・美しくシンプルなインターフェースで、五つの指をスクリーンに置いて操作。色を変えたり、ブラシの透明度やサイズをコントロールすることができます。

・さらに新しくてクールな技術:はじめは「ウェット」状態なので描いた上を指でなぞると色が混ざり、そして数秒経つと乾く仕様で、かなり本物に近いです。

・しかし一番良いのはPhotoshop CS5へのエクスポート機能かもしれません。EazelからPhotoshop CS 5に送信する際、解像度を自由に選んでレンダリングすることが可能です。

Photoshop Touchアプリの未来

例えばiPadとデジタル一眼レフカメラを持って旅行に行き、RAWデータをiPadに送信して瞬時に修正したり、写真を構成したりHDR合成したり、さらに解像度を上げて印刷可能なサイズにしたりする、といった使い方ができるとすごいですよね。

このアプリは5月に公開される予定です。
このアドビが挑んだPhotoshop Touchから、どんどん素晴らしいアプリが公開される事を期待しましょう。


mayumine(Jesus Diaz 米版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B0047L2L2S


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア