庭の土から、中世オーストリアのお宝がざっくざく!

庭の土から、中世オーストリアのお宝がざっくざく! 1

これが庭から出てきたんだそうです。

2007年、オーストリアのアンドレアス・Kさん(仮名)が、家の庭にある池を大きくしようと庭の土を掘り返していたところ、文字通り、金銀財宝がざっくざっくと出てきました。

 先週、オーストリア当局が「おとぎ話が現実に! 」と興奮気味に発表した声明では、今回見つかったお宝は約650年前のもので、「中世オーストリアの遺物の、量においてきわめて重要な発見だ」とされています。その量がどれくらいか、ネタ元のSFGateによればこんな感じです。

オーストリアの担当機関によれば、今回発見されたものは指輪、ブローチ、装飾的なベルトバックル、金めっきされた銀器、または真珠やサンゴのちりばめられた断片など、合計200点ほどがあります。

ところで、2007年に発掘されたものがなぜ今話題になっているんでしょうか? それは、アンドレアス・Kさんが発掘当時はお宝の価値に気づかず、地下室に眠らせていたからです。その後引っ越しをすることになった彼がお宝写真をオンラインで公開したところ、それがコレクターの目に留まり、今回の発見にいたったというわけです。

実家の庭、ちょっと掘ってみたくなりました。

[SFGate、image credit:AP Photo/Bundesdenkmalamt/Bettina Sidonie]

Kwame Opam(原文/miho)