普段から自然に浴びる量から致死量まで、わかりやすくまとめられた放射線量グラフ

普段から自然に浴びる量から致死量まで、わかりやすくまとめられた放射線量グラフ 1

(クリックして拡大)

人が普段生活していて浴びる放射線量から、即死するレベルの放射線量(100シーベルト)まで、どの位の放射線量まで危険がないのか、また医療に使われている放射線量はどの程度か、またどこから人体に影響があるのか、など、放射線量のグラフをわかりやすく、カラフルにまとめている図です。

しかしここ1ヶ月もしないうちに、マイクロシーベルトとか、ミリシーベルトとか、今まで聞きなれない単語をよく聞くようになり、全然物理系ではない人も、放射線量について大分詳しくなってきたのではないでしょうか。

[Information Is Beautiful via Twitter]

mayumine(米版