意外と知らないインターネットSEX事情!

意外と知らないインターネットSEX事情! 1

オフとオンで違ったSEXライフがあるようで...。

あれフェチな人もこれフェチな人もそれフェチな人もネットでエロを探します。多くの人がそれぞれ自分の好みにあったモノを探します。何億というユーザーの需要に応えるためにネット上には多種多様なポルノがある、というのはみなさんご存知の通りでしょう。が、意外と知られていないのはネット上で人はどんなエロ行動をしいていて、何が人気あるのかということ。研究者の2人Ogi Ogas氏とSai Gaddam氏が共著A Billion Wicked Toughtsで知られざるインターネットSEX事情をまとめています。海外でのリサーチなので、日本でどれほど当てはまるかわかりませんが気になる! 誰の目も気にすることなく思う存分自分の好みとフェチズムを追求してエロに没頭できるインターネットSEX、一体どんなことが? ひゃだ!赤裸々!

  

【事情1】女性もネットでエロ動画を見る、がお金を払ってまで見るケースはレア

人気のある主要アダルト動画サイト(Brazzers, Bang Bros, Reality Kings等)のユーザーは75%が男性。ということは、4人に1人は女性ということです。男性に比べて少ないとは言え結構いるものですね。が、有料コンテンツになると女性の割合はもっとぐっと低くなるそうです。

アダルトサイトで多く使用されている支払会社CCBillによりますと、ポルノコンテンツ支払で登録されているクレジットカードが女性の名前なのは全体のたった2%だけ。さらに、女性名義でチャージされたもののうち、妻や母親という立場の女性から勝手にカードを使われたから返金してくれとの要求も多く、本当にポルノコンテンツに支払をした女性の割合はもっと低いと考えられるそうです。

【事情2】熟女モノは10代モノと同じくらい人気ある

ネット上で最も人気のあるモノの1つはやはり10代モノ。若い子が大好きってのは予想通りですね。しかし年齢に特化して調べてみると、ネット上では実は若い子に負けず劣らず熟女の需要もあるのです。なんと、男性は19才よりも50才で検索をかけているケースの方が多いという興味深いリサーチ結果が。さらに60代、70代もなかなか人気だそうです。

英語のスラングでMILFというものがあります。これはMother I Like to F---の略で、てっとり早く言うと「やらせて欲しいお母さん」って意味です。「お前のお母さん、超ヤレるんだけど!」って話ですね。いつか息子を産んで、高校生くらいになって息子の友人が家に遊びにきて「お前のお母さんまじでイける!」って話してるのを偶然聞いてしまう、と言うのは女子の究極の夢でしょう。...でしょう? 

さて、今までこのMILFに特化した学術研究はなされていませんが、著者のお2人が言うにはこの巨大なMILF(+熟女)人気は、年齢の高い女優の方がよりアグレッシブで自信たっぷりの演技を魅せてくれる、大きなお尻等がその人気の秘密ではないかということです。

【事情3】熟女どころかおばあちゃんも大人気

超熟人気がすごいんですってよ。

人気のあるポルノサイトを載せたAlexa Adult Listにある4万2337サイトのうちなんと313サイトが超塾専門サイト。特に超熟はイギリスで人気が高いそうです。少年が超熟女に叩かれたりつねられたりする内容も多いとか。

超熟専門イベントGranny Sex Forumに参加したユーザーLoveSelsieさんは「超熟女優さんは、背が低くてなんだかフワフワしていて、白髪まじり。とても魅力的でどうしても彼女に会いたくて来ました。」と話します。著者の2人はこれに対して、ファンは彼女達の外見にも魅力を感じているということに注目したい、といいます。ほほぅ。MILFならずGILF(Grandma I Like to F---)ですね。

 

【事情4】痩せている女性より太っている女性の検索の方が多い

体のサイズに関する検索は、3番目に検索されているカテゴリー。やせ型とかぽっちゃり系とかですね。女性がダイエットダイエットと日々言っている裏で実は男性はぽっちゃり系を欲していた!

「Skinny(やせ)」が1回検索される間に「Fat(デブ)」は3回検索されています。前述のAlexa Adult Listでも太っている女性に特化したサイトは504サイトもあるそうです。(Fat Tube、Sugar Fat Girls、Hippo Girls等)一方でやせに特化したのはたったの182サイト。

ですが、ここで覚えておかないといけないのが、アダルト女優の大半は平均よりも痩せているという事実。

【事情5】男性はおトゥイントゥインを見るのが好き。

おトゥイントゥイン=ギズモードで言う男性器のこと

どんな男性でもおトゥイントゥインを見たがる。これは同性愛の男性だけでなく、ストレート(のんけ)の男性でもそうだそうです。とにかく見たいオトゥイントゥイン!

逆に女性が女性器を見たいと思う事は少ないそうです。例えば100枚の画像があると、21枚に股間のアップショット。股間人気、強め! 

さらに、やはり人気なのはサイズが大きいもの。Alexa Asult Listでストレートの男性をターゲットとしたサイズ大きめおオトゥイントゥインに特化したサイトは1072サイト(Monsters of Cock、Mr.Biggz、Teens Like It BIg等)なのに小さめサイズに特化したのはたったの3サイトだけ(PinkyDick、Little-Cock、My Tiny Dick)大きめおトゥイントゥインで騒いでるのは、女子やオカマだけじゃない! ストレート男子だって好きなんだね!

【事情6】男の娘人気に注目!

「T-girl(Trans girl)」は注目すべき人気カテゴリー。ホルモンや手術で胸はある、けどおトゥイントゥインも健在の男子女子が大変人気だそうです。女性の見た目なんだけどまだついてる、それがいいんだそうです。

Alexa Asult Listでこのカテゴリーはなんと4番目に大きな市場だそうです。検索ワードでは「shemales(女おとこ)」がなんと16番目に多く、「butts(お尻)」や「threesomes(3P)」なんかよりも検索されているっていうんですから、その人気に驚きですな。

さらにこのカテゴリーを検索するほとんどはストレート男子。なんでも、女性らしい見た目、柔らかさやセクシーさ、長くて細い脚、なのについてるっていうところがなんとも言えない魅力なんだそうです。これは男子がおトゥイントゥインを見るのが好きっていうことと関係しているのかもしれませんね。

と、まぁこんなインターネットSEX事情があるそうです。それでは、1人で没頭できるインターネットSEXの世界へ、いってらっしゃい!

A Billion Wicked Thoughts: What The World's Largest Experiment Reveals About Human Desire [Amazon]

Image via James Blinn / Shutterstock.com

Jezebelより米Gizmodoで再掲

そうこ(Anna North 米版