蜘蛛の巣まみれの木が大量発生!これがパキスタンで喜ばれてる理由

2011.04.06 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

110329spider-tree.jpg


蜘蛛の巣にすっぽり覆われた木、木、木。

こんな光景はここパキスタンのシンドでも初めてです。な~んか不気味ですけど、地元に住む人たちにとっては意外な恩恵もあるんですよ。

この蜘蛛。いつもなら地面をわさわさ這ってるんですが、2010年7月からの大洪水(国土30万7374平方マイル[80万平方km]の5分の1以上が冠水)のとき木に逃げた蜘蛛なのです。

水が引くまでには長い時間がかかるので蜘蛛もこの状況を受け入れ、樹上にどっかりねぐらを構えてどんちゃん騒ぎすることにしたんでしょうね。パキスタン中にこの繭玉みたいな蜘蛛の巣の木が何千本と出現したんです。
 

見た目は気味悪いけど、このネバネバ。イギリス国際開発省によると、蚊取りの役目も果たすらしいんですね。まさにビル・ゲイツの新しいお友だち。

地元住民の話でも、今年は例年よりぐんと蚊が少ないのだそうな。洪水後の水たまりに蚊が湧くこと考えると、すごいですよね!

お陰で、マラリアの疫病にかかるリスクも予想よりずっと低く抑えられているとのことです。ありがたいことですねー。まあ、家の周りで見つけたらドクター・オクトパスより早業で潰しちゃうけど...。

こんな大洪水があったにも関わらずパキスタンの人たちは日本に支援を送ってくれたようで、カラパイアに行進の写真が載ってました。...感謝。


[Flickr and DFID]
関連:パキスタン大洪水から8ヶ月、木々を避難所にしたクモの大群が巨大なクモの巣を形成、これが予期せぬ福音をもたらす。:カラパイア

Jesus Diaz(原文/satomi)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4486015894


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

特別企画

未来は突然やってこない。ロボットとクルマから見るイノベーションの育て方

PR

未来をローンチするアプローチは、クルマもロボットも同じかも。 「BMW i」のスペシャルサイトで、ロボットクリエイターの高橋智隆さんが持つロボットに対する考え方と4月から販売が開始されたEV車「ニュ...
続きを読む»

お問い合わせフォーム

 お問い合わせフォームを表示

お知らせ
新着はてブ記事
GIZMODO TEAM
アイコンアットラージ
小林弘人infobahn Inc.
編集長
尾田和実 *
副編集長
松葉信彦 *
編集部(問い合わせ先
鴻上洋平 *
鈴木康太 *
河原田長臣 *
嘉島唯 *
satomi
junjun
湯木進悟
そうこ
mayumine
mio
miho
Rumi
mana yamaguchi
たもり
ライター
武者良太
三浦一紀
野間恒毅
鉄太郎
佐脇風里
小暮ひさのり
奥旅男
KITAHAMA Shinya
塚本直樹
ハヤシミキ
徳永智大
ゲストライター
OZPA
するぷ
またよしれい
安齋慎平
デザイナー
前田龍一
広告営業(問い合わせ先
城口智義
津田一成
及川恵利
土井孝彦
碓井真紀
手島湖太郎
広告進行
前山尋美
長老
清田いちる
パブリッシャー
今田素子 *
* =[mediagene Inc.
サーバ管理
heartbeats
about GIZMODO
ギズモード・ジャパンについて
・ケータイ用サイト
携帯版QRコード ・iPhoneアプリ
iPhoneアプリ ・スマートフォン用サイト
スマートフォン版
日刊メルマガ
記事配信中のニュースサイト
Yahoo! ニュース livedoor NEWS MSN デジタルライフ mixi alt="アメーバニュース exciteニュース antenna製品情報および投稿希望者のお問い合わせ

郵送の方は下記宛へ資料等をご郵送ください。

150-0044
東京都渋谷区円山町23番2号 アレトゥーサ渋谷6F
株式会社メディアジーン
Gizmodo Japan編集部宛

広告募集! ギズモードはスポンサー様のおかげで、今日も更新できています。もし「バナーを出稿しようかな」と思いましたら、こちらをご覧ください!
媒体資料をダウンロード
広告に関するお問い合わせ
どうぞよろしくお願いします!

・関連メディア