上海モーターショーでVWのザ・ビートル爆誕!

上海モーターショーでVWのザ・ビートル爆誕! 1

北米では9~10月に、アジアでは2012年2月発売予定です。

1938年に生まれた初代ビートル、1998年に誕生したニュービートルの系譜を受け継ぎ、ついに21世紀時代の技術で作られたザ・ビートルが発表されました。立ちのいいフロントウィンドウといい、でっかいフェンダーといい、ルックスは確かに初代ビートルの直系ですね。

ボディサイズは全長4278×全幅1808×全高1486mm。横幅1.8mオーバーですか。おっきくなったなあ! 高さはニュービートルより低くなりましたが、ダッシュボードが短くなったのと同時にルーフが長くなったため、車内全体の居住性は向上しているようです。

エンジンは2リッター200馬力(2.0TSI)の場合、マニュアル仕様の車両は最高時速が225km/hで燃費は13.5km/l。1.2リッター105馬力仕様(1.2TSI)は同じく180km/hで18.2km/lで、日本に導入されるかどうかは不明ですが、ディーゼル1.6リッター・105馬力1.6TDI)の車両は同180km/h・23.3km/lと、燃費と走りっぷりの良さを両立しています。

お値段がいくらになるのかは不明。プレミアムモデルがあってもいいと思いますが、ベーシックな車両はお手頃価格になるといいなあ。

110420-0278716_03110420-0278716_04110420-0278716_05110420-0278716_06110420-0278716_07110420-0278716_08110420-0278716_09

独フォルクスワーゲン、上海モーターショーで新型「ビートル」を公開[日経プレスリリース]

(武者良太)