世界で1番小さな3Dプリンターは、日常で使うコンセプト!

20110521smallest3dprinter.jpg

小さめのバッグにいれて持ち運びできますね。

3Dプリンターと言えば、普通は大きなマシンです。3Dプリントされたがあるくらいですから、そりゃ普通は大きいマシンになりますよね。が、世界最小の3Dプリンターは片手でひょいとモテる大きさです。

ウィーン工科大学のエンジニア数名で作られたこの3Dプリンターは、従来のものよりもうんと小さく軽く、そして安くなっています。使用されている技術は、基本従来のものと同じ。合成樹脂を光造形していくわけですが、この小さい3Dプリンターで使用されている光は20分の1ミリというとても細いもの。この細さによって小さなものでも、より詳細までつくりだせるのがポイントです。

お値段は1700ドル(約14万円)とまだ高額ですが、日常で使える3Dプリンターをコンセプトに展開する予定だそうです。こうやって3Dプリンターが普及していけば、そのうち日常生活での3Dプリントが当たり前の世の中になっていくのですね。

[TUWIEN via Pop Sci]

そうこ(Casey Chan 米版