54000tの船のブレーキが壊れちゃって、あらら...。(画像ギャラリー)

先週、54000tの貨物船、RHL Fidelitasがウクライナのオデッサ港にやってきました。リベリアの旗を掲げた船が港に近づいてきた時、エンジンが壊れていることが発覚しました。それはつまり、プロペラをバックするために回転させる動力がないということです。

船は惰性で船着き場の方に動きつづけます。乗組員は船を止めようとしましたが、巨大な船には太刀打ちできず、衝突してしまいました。

衝突によって、船着き場やパイロットシップを壊してしまったRHL Fidelitasですが、自身にはダメージがないそうですよ。

事故によるダメージは画像ギャラリーにあります。

自分にはダメージがないって事が、なんだかなぁって感じですね。

あと関係ないですけど、リベリアは便宜置籍船国、って習ったのを思い出しました。

110526ship1110526ship2110526ship3110526ship4110526ship5

[English Russia]

Jesus Diaz(原文/mio)