美しく月日を重ねたガジェット

美しく月日を重ねたガジェット 1

があるなぁ。

新しいガジェットが登場するたびに目を奪われてばかりで、使い込まれた道具の美しさを忘れていました。まぁ、ガジェットはめまぐるしく変化し成長のスピードが早いですものね、使い込むのがなかなか困難なものの1つでしょう。使い込むってことは使いやすいってことですものね、新しいガジェットの方が使いやすければやっぱり乗り換えちゃいますもの。

が、新しい便利なガジェットは一瞬忘れて、この使いこまれたiPhoneを見て下さい! なんと味のある美しさでしょうか。ぼろいとか古いではなく、素直にかっこいいと思います。このiPhoneとCanonフィルムカメラの持ち主はRemy Labesqueさん。使い込んで使い込んでとうとう捨てる事に、そして捨てる際に使い込まれたガジェットの持ち味に目をとめたそうな。iPhoneはスクリーンが反応せず動かない状態に。Canonのカメラは7年の使用期間を経てもまだ変わらずに動き続けているそうですがとうとう新しいものに新調することに。電化製品も使い込むとここまで味がでるのですね。

みなさんは、新製品が次々とでる中で使い続けている、美しく使い込まれたガジェットってありますか?

[Design Mind via TUAW via Wired]

そうこ(Kat Hannaford 米版