これは何? クフ王のピラミッドの隠し部屋から見つかった謎の印

これは何? クフ王のピラミッドの隠し部屋から見つかった謎の印 1

エジプト第4王朝のファラオ、クフ王の墓とされる「ギザの大ピラミッド」にある秘密の隠れ部屋―この4500年間、誰ひとり足を踏み入れたことのなかった秘密の間の内部を、このほどロボットが初めて撮影しました。

考古学者らが2番目の遮蔽壁に到達したところで見つけたのは、床に描かれた奇妙な印。何の印なのか? それはまだ分かっていません。

この隠し部屋の在り処は、女王の間から上方に続く全長63mの狭い通路のはずれですね。計230万個の石灰岩・花崗岩を積み上げてできた高さ146mの巨大なピラミッドの底のちょうど真ん中に当たります。

 

王の間のトップから見ると南。

この秘密の部屋からは不可解な印(写真の下半分)と一緒に、遮蔽用の最初の石の裏側に埋められた金属の留め具(写真の上半分にある突起)も見つかりました。見たところ、その影にもうひとつ、2番目の遮蔽用の石がひとつあるようですが...。

それ以外の埋蔵品はひとつも見つかっていませんし、考古学者らもまだこの赤い石の印が何を意味するのかは掴めていないとのこと。でも見た感じ、みんなが知ってる普通の象形文字とは絶対違いますよね...。

それにしても本当に心配なのはハイテク考古学ビジネスの方で、ロボットも考古学、宇宙からも考古学の発見ができる時代になって...ミイラはどうすりゃいいの? ここまで技術が進むと、もう何を呪っていいものやらでしょうね。

UPDATE:3Dツアーで見ると立体的にサイズと位置関係が把握できますよ。

[New Scientist]関連:ギザの大ピラミッド

Jesus Diaz(原文/satomi)