Facebookはハブ失格

Facebookはハブ失格 1

フェイスブックが目指すのはみんなの人生そのものになること。チャットもメッセージも写真投稿もフェイスブック...という世界ですよね。それで全然構わないし、コンセプトは良いんですが、な~んか技術が追いついてないっていうか使い物にならない時もあって残念なんですよね...。

フェイスブックを嫌う理由はいくらでも探せます。それこそキリがないけど、僕はそういうのはどうでも良くて、プライバシーとか利用規約とかザック(ザッカーバーグCEO)の犬とかは全然気にならないんですね。

僕が嫌な一番の理由は、リライアビリティー。これがフェイスブックはまだまだだと思うんです。

「素晴らしい」だけでは足りない

Facebookのアクティブユーザーは現在5億人で、その50%は毎日ログインし、各自平均130人の友だちを持っています。全ユーザーが関係・交流を持っているページ、グループ、イベント、コミュニティページは計9億点。全員で300億件もの新規リンク・記事・ウォールの書き込み・メモ・アルバムを作成・共有しており、毎月300億件もの新規コンテンツが生まれています。

ったく途方もない数ですよね。

この情報はすべて超巨大な分散型データベースに保存されており、そこで全部ひとつに繋がってます。こんなとんでもないシステムが毎日ちゃんと機能してるってだけでも驚きなのに、Twitterのようなもっと複雑じゃないシステムがしょっちゅうダウンしてる最中、Facebookは滅多にダウンさえしないんですから素晴らしいの一言に尽きますよね。

ですが、みんなの人生のありとあらゆる面を取り込みたかったら「素晴らしい」だけじゃ足りなくて、100%完璧じゃないと。で、完璧を期するには、とりあえずメッセージやチャットぐらいスムーズに使えなきゃダメだと思うんです。データが消えたり、そういうの抜きで。それがそうじゃないんですよ...。 

 

使えないメッセージ

僕たちも使ってるんですが、Facebookのチャットシステムは何年も前から問題続きです。おそらく業界でも最悪なんじゃないかと。自分か相手のどっちかが必ずログオフになるんですね。文や章が丸々届かないこともあるし。何度画面殴ったろうかと思ったことか。僕が話を聞いた他のみんなも全員同じ経験あるって言ってましたよ。

去年の秋にチャットとテキストとfacebook.comドメインの新アドレスがひとつになってからは更に悪化。ここ何週間かの間にメッセージが何本か消えてしまって、どこ探してもないという現象が起こってます。通知パネルには出てくるのに受信箱のどこ探してもないんですよ...。これは今ヘルプセンターに寄せられるメッセージの欄でもトップに出ている問題で、「既知のバグ」ってラベルもついてるんですけど、こんなものが「既知のバグ」でまだ直ってないなんて...ありえないですよね?

最初のフレーズは届くのに、本文の残りは開けないんです...。「ヘ~イ! イエス、ぜひ喜んで...」まで見えるんだけど、それだけ。喜んで何なの? 喜んで映画行きたいところだけど都合がつかない? 喜んで首絞めたいか? 喜んでベッド? 喜んでケーキ焼く? 喜んで僕のモンキーズにジャム塗りたい? 何? 何が起こってんの?

 

Facebookはハブ失格 2

お粗末なサポート

Facebookなんだから通信サービスは重要度低いと思うかもしれないけど、そんなことないですよ。すごく大事な人と連絡をとる部分でFacebookを頼りにしてる人は多いんです。どうでもいいのから気持ちが込められたメッセージまで、そこにはあらゆる種類の情報が詰まってます。結婚や友情を壊すも修復するも、メッセージひとつ。そんな人生の大事な預かりものをFacebookはしたいと言って、みんなこうして預けてるんですから、100点満点未満は全部アウトです。人の人生に深く関わる交換不能なコンピュータシステムを標榜するなら、こんなミス絶対あってはならないこと。増してやデータ紛失なんて論外の外ですよ。

さらにFacebookにはユーザーサポートの問題もあります。Facebookのサポートページはまるで冗談で、メッセージが消えたとかの重要な問題もフィードバック専用フォームに飛ばされちゃうんですよね...。出して何日もなるのにまだ返事がない...。人に頼りにされたいなら、リクエストが来たら瞬時に返事しないと。ブラックホールじゃないんだから。いつか直ると口約束するんじゃなくて。

ザック(ザッカーバーグCEO)と乗組員のみなさん、もっとしっかりやってください。チャット導入からもう何年も経つのに未だに不安定で、メッセージ未達も起こってます。おたくのヘルプページによるとこれも「既知のバグ」だそうですが。そのメールサービスで洞窟の奥まで引き込もうとしてるようですが、何年経っても未だに基礎もできてないサービスをどう信用しろと言うんです?

世界のデジタルライフのハブを標榜しておきながら、こんなポンコツサービスを提供した挙げ句、テクニカルサポートもまともにないなんて。あれだけの目標を掲げるからには、システムのリライアビリティー(信頼性)は完全無欠なものにしないと。1点のミスも容赦ならないはずです。

それができるまでは「Failbook」でしょう。

Jesus Diaz(原文/satomi)