超大きなザクヘッドから、超ちっちゃいセイラさんまで。バンダイ・ブースまとめ[静岡ホビーショー2011]

超大きなザクヘッドから、超ちっちゃいセイラさんまで。バンダイ・ブースまとめ[静岡ホビーショー2011] 1

コア・ファイターなんて飾りです。偉い人には(以下略)

ごめんなさい、主役はコア・ファイターなんですけど、どうしても注目は付属のセイラさんですよ。1/35スケールで再現されたセイラさんはとてもシャープで肉感的。となりのアムロも16歳とは思えないほどの風格です。顔は人形の命、難しい瞳はデカールがつくので塗装が苦手な人でも安心...ってあくまでもコア・ファイターのオマケですからね。

110513_DSC_2254110513_DSC_2253110513_DSC_2252110513_DSC_2248

超大きなザクヘッドから、超ちっちゃいセイラさんまで。バンダイ・ブースまとめ[静岡ホビーショー2011] 2

RG(リアル・グレード)シリーズ、今回の注目は最新作ストライク・ガンダム量産型ザク

超大きなザクヘッドから、超ちっちゃいセイラさんまで。バンダイ・ブースまとめ[静岡ホビーショー2011] 3

ザクは量産型だけに量産して展示してありますが、正直RGで量産するのは本当に大変でしょうね。HGあたりでカンベンして欲しかったんでは。

超大きなザクヘッドから、超ちっちゃいセイラさんまで。バンダイ・ブースまとめ[静岡ホビーショー2011] 4

デルタプラスは完全変形でキット化です。GMやドムの後継にあたる GM3、ドライセンもキット化。

110513_DSC_3592110513_DSC_3593110513_DSC_3594110513_DSC_3602110513_DSC_3603

超大きなザクヘッドから、超ちっちゃいセイラさんまで。バンダイ・ブースまとめ[静岡ホビーショー2011] 5

あのポケモンのピカチュウまでプラモデルキット化。

超大きなザクヘッドから、超ちっちゃいセイラさんまで。バンダイ・ブースまとめ[静岡ホビーショー2011] 6

わすれちゃいけないアッガイつくろうガンプラ!コーナーでは自由な発想のモデルたちが展示されていました。アッガイはシャケ握ってますけど、スケールに直すとどんなサイズなんでしょうね。数メートルはありますね、きっと。

超大きなザクヘッドから、超ちっちゃいセイラさんまで。バンダイ・ブースまとめ[静岡ホビーショー2011] 7

映画版で完結したマクロスFですが、新しいカラーリングの痛戦闘機(ファイター形態のみ)が登場です。

その他詳細は写真ギャラリーでどうぞ。

110513_DSC_3621110513_DSC_3622110513_DSC_3623110513_DSC_3625110513_DSC_3627110513_DSC_3628110513_DSC_3629110513_DSC_3634110513_DSC_3637110513_DSC_3640110513_DSC_3641110513_DSC_3664110513_DSC_3665110513_DSC_3666110513_DSC_3668110513_DSC_3669110513_DSC_3671110513_DSC_3677110513_DSC_3547110513_DSC_3548110513_DSC_3549110513_DSC_3562110513_DSC_3565110513_DSC_3570110513_DSC_3571110513_DSC_3574110513_DSC_3578110513_DSC_3579110513_DSC_3583110513_DSC_3591110513_DSC_3599110513_DSC_3606110513_DSC_3608110513_DSC_3609110513_DSC_3610110513_DSC_3612110513_DSC_3617110513_DSC_3618110513_DSC_3619

(野間恒毅)