今週のiPhoneベストアプリ

今週のiPhoneベストアプリ 1

Hype Machine Radio

インディーズ音楽サイトHype MachineがiPhoneアプリになりました。ブラウザバージョンはブログで人気のストリーミング楽曲の巨大リストという感じですが、アプリの方はもっとPandoraみたいな感じで、最新とか人気とかジャンル別とかで選択して流しっぱなしにする感じです。好きな音楽ブログとか友達が聴いている曲とかで選ぶことも可能です。350円です。

Magic Piano

今週のiPhoneベストアプリ 2

音楽聴くより自分で弾きたい! 方には、iPad専用アプリだったMagic PianoがiPhoneアプリに登場です。クラシックやポピュラーを光のガイドに沿って弾いたり、ソロ・モードで自由に弾いたり、世界中の人がMagic Pianoで弾いている曲を聴いたりできます。操作はすごく簡単で直感的です。無料です。

Super 8

今週のiPhoneベストアプリ 3

機能満載のヴィンテージビデオカメラアプリです。前面・背面カメラで動画撮影できるだけでなく、レトロなカメラケースをスワイプすればいろんなエフェクトやフィルターが使えます。さらに動画再生するにはプロジェクターのスクリーンを引き出して、これまたレトロ風なボタン操作です。古い映画みたいな画面のちらつきとか、フィルムの傷みたいなエフェクトをかけることもできます。無料です。

Geoloqi

今週のiPhoneベストアプリ 4

Geoloqiを使うと、位置情報をいろんな形で共有することができます。たとえば友達と待ち合わせしているんだけど道順を教えるのが面倒なとき、自分が今いるスポットのリンクをGeoloqi経由で送ればOKです。リンクを消すタイミングをその都度設定でき、プライバシーもきちんと守れます。Foursquareの自動チェックインもできます。自分が家に着いたときに自動で誰かにメールを送るとか、自分があるスーパーに着いたときに買い物メモを自分にメールするなんてこともできます。使い方はいろいろ柔軟にできて、無料です!

Gigwalk

位置情報を上手に共有するアプリがあるかと思えば、位置情報に関連してiPhoneから情報を送って、お金を稼いでしまえるアプリも出ました! 今のところアメリカでしか使えませんが、日本でもできたら面白そうです。

仕組みは簡単、登録してPayPalの情報を入力したら、地図上で自分の近くにある「gig」(仕事)を探します。仕事内容はたとえば道路の標識や制限(一方通行とか)の確認・写真撮影とか、お店の営業時間とか在庫をチェックしてテキストで入力といったものです。たとえばナビゲーションサービスの提供企業が、情報をより正確にするためにお金を払ってくれたりするわけです。小さな「gig」では3ドル、大きいものでは90ドルも支払われるそうですよ。

Verbs

今週のiPhoneベストアプリ 5

すごくデザインがきれいなIMアプリで、しかも軽くて非常に使いやすいです。チャットは簡単にできて、吹き出し状の表示も見やすいです。複数のチャットがある場合は、mobile Safariのタブビューみたいに、ズームアウトしてカード状に表示される感じです。お値段350円です。

Onavo

今週のiPhoneベストアプリ 6

iPhoneでのデータ通信利用料金が2段階定額になっていたりする人は、Onavoの利用を検討してもいいかもしれません(日本で利用するためにはバグフィックスを待つ必要があるようですが)。

Onavoはメールやアプリ、Webのデータを90パーセントも圧縮してくれるんです! 同じ料金で何倍もデータが使えるようになるはずですが、残念ながら動画は圧縮してくれません。あ、最近発覚して問題になった自動通信分についてはどうなんでしょうね...? 仕組みとしては、データのダウンロードをクラウド上のサーバー経由にして圧縮するというもので、そのためダウンロードは多少遅くなります。無料です。

State Farm Driver Feedback

今週のiPhoneベストアプリ 7

自動車保険を提供しているState Farmが、車の運転スキルを評価してくれるアプリを作ってくれました。加速とかブレーキ、コーナリングのきつさをiPhoneの加速度計とGPSの位置情報から測定し、記録までしてくれて、運転のくせを地図上で詳細にレポート、さらにはありがたいTipsまで教えてくれます。運転するごとにスコアを出してくれて、過去のスコアと比較することもできます。無料です。

Casey Chan(原文/miho)